ブログをリニューアル中のため見ずらいところがあります。ごめんなさい

【どうぶつの森 日記】無人島生活始めました。島の名前はアレだけど、のんびり楽しいです。【#1】

https://mikujin2198.com/wp-content/uploads/2019/10/A897D2CC-BA63-449D-8A85-E6FB8E67886D.jpeg
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

『あつまれ どうぶつの森』

2020年3月20日にNintendo Switchで発売となりました。

少し出遅れましたが、オレも無人島生活を始めました。

のんびりとした無人島で仲間たちとどんな楽しいことが待っているのか、始まる前からすごく楽しみです。

それではさっそく、ウキウキ気分でやっていきたいと思います。

キャラメイクと島の選択

これから『たぬき開発 無人島移住パッケージ』で無人島へ行くみたいですが、その前にやってきたキャラメイクの時間。

うーん…名前はミクジンで決まりだけど、見た目はどうしよう?

よしできた!

いつどんな時でも眠そうな感じがなんだかオレっぽいなぁ。

我ながらよくできた気がする。

移住先の島の地形は、なんとなく雰囲気で右上を選択しました。

さてどんな感じの島なのか…。

すごく楽しみです。

島に上陸

船を降りたのは『たぬき開発』のスタッフとオレ、そしてオレと同じく無人島移住パッケージで来たとおぼしき仲間が2人。

スタッフからは「オリエンテーションがあるので広場に来てください」とアナウンスがありました。

しかし無人島に降り立ってテンションが上がりまくっていた自分は…。

あさってへダッシュ。

早く何か拾いたい…そんな希望に満ちた純粋無垢な気持ちがそうさせたのかもしれません。

くっ…!!

速攻リンゴらしき果実を木から落としましたが、どうやらまだ拾えないようでした。

しかたない、広場へ行くか。

テントを張る

「気に入った場所にテントを張ってね」

簡単なオリエンテーションが終わり、そう言ってスタッフはテントをくれました。

さて、どこに張ろうかな?

できた!

ほんとは砂浜がよかったんだけど、スペースの問題でなかなか張れる場所がなかったので海の近くに張りました。

昼も夜も波の音を聞きながら過ごす無人島生活…いい。

その後広場に戻ると、

「ほかの人がテント張るの困ってたら助けてあげて」

と言われたので、とりあえず移住仲間の1人タケルのもとに向かいました。

テントの設置場所を迷っていた彼。

オレはテントの設置場所を探してあげることにしました。

喜んでテントを渡してくる彼。

タケルは「広場で待ってるから」と行って去って行ったのですが…。

あいつ…信用してねえな?

確かにオレは上陸直後に勝手な行動をとってしまったはみ出し者だけど、あれは純粋無垢なアレだから仕方ないんだよ分かってくださいお願いします。

よしここだ!

こんなステキな場所なら、タケルくんも満足してくれると思うんだけどな。

さて次はウェンディを見に行くか。

なんやかんやでウェンディの設置場所も探してあげることになりました。

まかせるのだウェンディ。

なにその目!?

まさかウェンディまでオレをそんな目で見るなんて…。

これはすごいステキな場所にテントを立てて喜ばせるしかない。

ここだあああ!

これは後日の写真ですが、なんとか浜辺のステキな場所を見つけることができました。

ウェンディ喜んでくれたかな。

島の名前を決める

その日の夜、みんなでキャンプファイヤーを楽しみました。

その場で突然「島の名前をみんなで出し合おう」とたぬきちさんが言うので、オレも一緒に考えました。

そして決まった島の名前が…。

オレの出した名前、

『ドクモル島(じま)』

これはTwitterのフォロワーさんとの会話で出てきて、思わず付けてしまった名前です。

いい島になるといいなぁ。

まだ人数は少ないけれど、この日のことはずっと忘れないんだろうなぁ…そんなふうに思わせる夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。