【ゴースト・オブ・ツシマ日記】武士の誉れを一切感じない初プレイ

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

最近なかなかゲームができてなかったけど、このたび『ゴースト・オブ・ツシマ』を買いました!

ペンギン
ペンギン

これって昔(13世紀後半くらい)の対馬を舞台にしたオープンワールドのゲームだね

ミクジン
ミクジン

うん。主人公がサムライでさ、刀での戦闘時の『受け流し』とか、敵の装備による自分の『型の切替』とか、サムライならではの戦い方がすごくおもしろいんだ

『受け流し』からの攻撃

ペンギン
ペンギン

サムライっぽい戦いだなぁ。そして映像がキレイだよね

ミクジン
ミクジン

うん、『フォトモード』でいろんな写真が撮れるのも楽しいね

ミクジン
ミクジン

だけど…操作に慣れるまで時間がかかりそうなんだよね

ペンギン
ペンギン

ボコボコやん…4時間くらいプレイしててこれはひどくない?

ミクジン
ミクジン

ひとつだけ言えることは「馬、ごめん」ってことだね…でもちゃんと仕返ししたよ

ペンギン
ペンギン

逃げる速度と距離が尋常じゃないね…武士の誉れを一切感じないよ

ミクジン
ミクジン

アホか!これがオレの誉れだよ!

ペンギン
ペンギン

伯父さんに怒られろ

そんなわけで、これから『ゴースト・オブ・ツシマ』を楽しんでいきたいと思います。

ミクジン
ミクジン

ゲームのために仕事減らさなきゃ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。