YouTube始めました!詳細はこちら

『結婚しようとしていた彼女に浮気された話①』その証拠は見つけたくなかった

これを書いてる時点で約2ヶ月前の2017年8月末、オレは死んでも大事にしたいと思っていた彼女と別れました。

原因は彼女の浮気です。

ものすごいショックだったし、失ったものがあまりにも大きすぎて、生きている意味もよく分からなくなってしまった。

あれからほとんど眠れてないし、胸のあたりがずっと重くてただ苦しいだけの毎日。

もうわけが分からないので、「ネタにしてやれ」というヤケクソな気持ちでこれを書いてます。

これから書く話はドロドロかもしれませんが、

「こんなヤツらもいるんだなー」

くらいの軽い気持ちで読んでみてください。

彼女とオレについて

彼女はバツイチで子持ちでした。

小学生の男の子がひとりいて、アパートで2人暮らしをしてました。

オレはまだ同棲していなかったものの、彼女の息子ともだいぶ仲良くなることができたので、そろそろ彼に一緒に暮らしていいか許可を取ろうと思っていました。

そんな中、2017年3月末に勤めていた会社が廃業に。

オレも彼女も同じ会社で働いていたので、2人とも再就職しなければならなくなりました。

オレは会社の廃業に関わる手続きやら片付けやらで再就職が遅れていましたが、彼女は就職活動をしてすぐに新しい職場で働きはじめました。

彼女の様子が変わる

オレの就職が決まったら子供に許可をもらって同棲をして、年内には結婚しようと話をしていましたが、5月の中旬くらいから彼女の様子があからさまに変わりました。

まず、帰りが遅くなりました。

毎日夜ご飯を彼女のアパートで食べていたのですが、彼女の帰りが毎日20時を過ぎるようになりました。

新しい職場で忙しいのかな、と思いながら毎日オレが夜ご飯を作り、彼女の息子と一緒に帰りを待つ日々。

まだ子供は小学生だし、ひとりじゃかわいそうだと思ったので、彼女が帰ってくるまではアパートにいるようにしていました。

そのうちに、週に一度くらいの頻度で帰りが23時を過ぎるように。

そんな時は泊まるようにして、子供とご飯を食べ、お風呂に入り、寝かせて帰りを待ちました。

この時点でオレはやっと就職活動に入ったところでした。

まだ仕事が決まっていなかったので早く帰れるものの、仕事が決まってオレも帰りが遅くなったら子供は夜遅くまでひとりぼっちになってしまう。

そこで彼女に相談することにしました。

「オレが就職決まるまで養えるくらいのお金はあるし、オレが今後しっかり稼ぐからもっと楽で早く帰れる仕事をしてほしいと思うんだけど、どうだろう」

彼女の反応は意外なものでした。

「今の仕事を長く続けたいと思ってるの。大丈夫、気にしないで」

彼女はそれしか言わなかった。

大丈夫、大丈夫と。

それどころか、遅くなる時にはメールで、

「今日遅くなるから帰っていいよ」

と連絡がくるように。

これから3人で暮らそうって時に、

「気にしないで」?

小学生の子供がいるのに、

「帰っていいよ」?

そこまでしてやりたい仕事なのか?

子供はどうなる?

それともまったくオレをあてにしていないのか?

頭がこんがらがりました。

同じ頃、彼女は今までそのへんに適当に置いていたスマホをいつも手放さないようになりました。

「仕事のやり取りでLINEを使うから」

と言い、トイレや風呂にまで持っていき、かたときも手放さなかった。

着信音やバイブは鳴らさないように切っていた。

「仕事が忙しくて疲れてる」

と、オレや子供との会話もうわのそら。

スマホの画面を見てる時が一番楽しそうに見えた。

彼女には通勤にオレの車を貸していたのですが、灰皿に知らないタバコの吸い殻が入っていることもありました。

いろいろなことが重なって、だんだんオレは彼女に疑いを持つようになりました。

たぶん、浮気じゃないかと。

浮気を確信した日

6月に入る頃には、もう完全に浮気を疑うようになってました。

そんな中、ある日突然彼女から驚くべき告白がありました。

「実は会社の人から結婚してくれと言われてるんだ。彼氏いるから無理っては言ったんだけどさ。言わないと悪いと思って」

働きはじめてから2ヶ月くらいで結婚を迫られた?早すぎやしないか?

どんだけ話が進んでるんだよ。

彼女はそこで「ちゃんと断った」と言いました。

なんでそんな告白をしてきたんだろう?

謎だ。

でもちょうどいい機会だと思いました。

オレは聞きました。

「そんなことがあったのか。それで、その男とは結婚してくれと言われるくらいの関係になってるのか?」

少し遠回しに言った。

彼女はビックリしたような顔をしたけど、慌てて否定した。

「いやそれはないよ」

オレはさらに聞きました。

「じゃあさ、オレの車の灰皿に知らないタバコの吸い殻入ってるんだけど、あれはその男のか?車に乗せたのか?」

彼女が一瞬止まったのが分かった。

この『間』だけでもう充分答えが出ていた気がする。

彼女は言いました。

「会社の人のだけど、女の子だよ乗せたの。彼がタバコを吸ってるかどうか知らないし」

そこでオレは浮気を確信してしまった。

彼女の職場は、職員が6人しかいない。

毎日朝から帰りまで顔を合わせて働く。

飲み会も何度かやっている。

そして「彼」の話はちょくちょく聞いていた。

今さらタバコを吸ってるかどうか分からないなんてことがあるのか?

夜中の0時近くまでみんな一緒に働いてるはずなのに。

車に乗せたことを隠す。

それはもう言えない何かがあるということ。

この状況で言えない何かって…もうそれ以外は考えられませんでした。

終わった。

そう思ったけど、オレはそれ以上何も言いませんでした。

「そうか」

それだけがんばって言った気がする。

疑ってはいたけど信じたかった。

でも彼女が想うのはもう、オレではないんだと分かってしまった瞬間でした。

彼女の浮気がバレた日

あの日からオレは放心状態でした。

ただ胸のあたりがずっと苦しかった。

相変わらず彼女の行動や態度は変わらない。

その日も彼女は帰りが遅かった。

オレは彼女のアパートで子供と二人でご飯を食べ、ベランダに出てタバコを吸おうとしました。

その時自分のタバコが空になっていたので、ゴミ箱に入れようとして、ふとそれに気付いてしまった。

ゴミ箱には、彼女の吸っているタバコの箱が捨ててありました。

その箱が少し、膨れていた。

なんだか分からない胸の苦しさが一気に強くなった。

オレはその箱を開けてみました。

中には、ティッシュに包まれた使用済みのゴムが入っていました。

開ける前から何か予感みたいなものはあったけど、本当にこの時は心臓が締め付けられたのを覚えています。

オレと彼女は5月くらいから何もない。

これはもう、言い訳のできない証拠。

まさかこのアパートにまで連れ込んでるとは思わなかった。

今まで一緒に寝ていた布団が、ものすごく汚らしいものに思えた。

一昨日はオレの誕生日。

このゴムはいつからここにあったんだろう。

余計なことばかりが頭の中をグルグル回る。

それから、彼女が帰って来るまでの記憶はあまりありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。