【Switch版ドラクエビルダーズ日記】キメラに燃やされるとは思わなかった【#2】

スポンサーリンク

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

前回は、あやしげなおっさんを助けたところまでを書きました。

前回はこちら

それではつづきをやっていきたいと思います。

スポンサーリンク

おっさんからの依頼

朝起きるとおっさんから依頼が。

朝から何かを作るおっさん。

これからはピリンだけじゃなくて、おっさんからも依頼がくるようになるみたい。

おっさんからの依頼は、どっかにいるキメラを探して、倒すと手に入る『キメラのはね』をゲットしてきてほしいとのこと。

『キメラのはね』からは『キメラのつばさ』が作れて、これを使うとどこにいても一瞬で拠点に戻れるそうな。

おお…便利だしドラクエっぽい。

スポンサーリンク

武器は5つまで装備できる!

キメラを倒さなきゃいけないので、念のために、新しく作れるようになった武器『こんぼう』を大量生産して準備しました。

そして装備していると嬉しい発見が。

今までよく見てなかったけど、武器は5つまで装備できるみたい。

使っていて壊れてしまったら、十字キーの上下で装備している武器の切り替えが可能みたいですぞ。

ってことは、いちいち装備し直さなくてもいいってことのようですね。

なんて便利なんだ!!

これで何匹来ようがボコボコだぜ!

テンション上がったし、装備も整ったし、キメラ探しの旅にいざ出発や!

スポンサーリンク

キメラ…魔法使うんかい!

おっさんの情報によると、キメラは拠点からわりと近くの岩山あたりにいるらしい。

辺りを見渡してみると…

ほんとだ、結構近い!

出発したけど、あっという間の到着でした。

めちゃくちゃいるううう

キメラかわいいなぁ。

あまりのかわいさに攻撃するのも忘れて、思わず酔いしれてしまいました。

すると…。

えええええ?

例の効果音とともに、まさかの魔法攻撃!

メラか?メラなのか!?

聞いてないよ!

びびって背を向けるオレ。

もうおまえらなんか、かわいくない!

こええええええ!

ちょっと離れるとバンバン魔法で攻撃してくる、容赦ないキメラ野郎ども。

でも逃げてばかりでは終わらないので、勇気をふりしぼって攻撃!

と思ったら、焦ってボタンを間違えて、土を地面に置いてしまうという失態…ふりしぼるものを間違えた。

日記のために、スクショをパシャパシャ撮っているのも間違った原因な気がする…アホだ。

…やばいなんか夕闇が迫ってきてる!

早く倒さないと!

もうがむしゃらに攻撃。

そしてなんとか撃破…。

オレの棍棒舐めんなっ!!

昼間でもこれなのに、真っ暗になったらきっと恐ろしいモンスターばかりになると思い、すごいダッシュで拠点へ。

なんとかギリギリで拠点まで戻れました。

こいつらもう寝てやがる…。

オレの苦労も知らんと…。

ピリンはともかく、おっさんに対してちょっとした殺意が芽生え、こんぼうを構えるオレ。

危なく殺っちまうとこでした。

テヘッ。

『キメラのつばさ』が快適すぎ

朝、おっさんに『キメラのはね』を取ってきたことを報告し、さっそく『キメラのつばさ』を作ってみました。

どうやら『キメラのはね』5つで『キメラのつばさ』が3つ作れるみたい。

完成したらそりゃ使ってみたいよね?

さっそく拠点近くの山の上に移動。

う~ん、いい眺め。

それでは記念すべき初キメラいきますか!

おおおおおおおお。

あっという間に拠点に到着。

すげえ便利!!

これで遠くに冒険に出かけて夜になっても、一瞬で戻れるようになりました。

料理部屋を作ることに

おっさんの依頼が終わったら、今度はピリンが依頼をしてきました。

今度は『料理部屋』を作ってほしいみたい。

おっさんの視線が気になる。

確か部屋を作るには、2段以上積み重ねた壁と、夜を照らす明かり、そして扉があればいいんだったはず。

屋根は!?って思ったけどいらないみたい。

至近距離で教えてくれるピリン。

『料理部屋』にするには、料理用たき火収納箱を置けばいいのか。

簡単そうやん!

ということでさっそく作成。

料理用たき火だけ持ってなかったんだけど、運良く素材がそろってたのですぐさま作成。

手当たりしだいに破壊してて正解だった。

ふふふ。

部屋の作成に取りかかる。

屋根はなくてもいいので簡単に完成。

正式名称は『たき火の台所』というみたい。

完成したということは…。

来るか来るかと思いながら少し怯えるオレ。

来たあああああ!!

部屋が完成した瞬間にピリンがダッシュで駆け込んできて、ガッツポーズ!

さすが激しい女子、ピリン。

でもこれで村人が定期的に、収納箱に食べ物を入れてくれるようになるみたいです。

さっそく料理用たき火の前で何かをしはじめる激しき女子、ピリン。

料理か…?料理なのか?

何かの呪術にしか見えないんだが…。

一体何を作ってくれるんだろう?

つづきはこちら

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)