【2023年】Switch『携帯モード』をより快適にするおすすめアクセサリー・周辺機器6選【現在使用中】

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

オレはほぼ毎日Nintendo Switchを携帯モードで遊んでますが、より楽しく快適に遊ぶためにいろんなアイテムを買って試してます。

今回はその中から、

  • 「持ってて良かった」と思う現在使用中のアクセサリ・周辺機器

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Skull&Co.『Neo Grip』セット

Neo Gripは通常のSwitch・有機ELどちらにも使える、保護ケース&交換可能グリップ&キャリーバッグのセットです。

この商品をひとことで言うと…

「Joy-Conのままで携帯モードを快適に遊びたい」人向けのグリップセット

純正Joy-Conのまま携帯モードの持ちやすさ・操作性が向上する

保護ケースとグリップを取り付けたところ

Neo Gripの保護ケースとグリップはとても軽くて薄く、純正のJoy-Conのまま持ちやすさと操作性が上がります。

持ちやすくなったことで、アクションゲームの操作性がかなり向上しました。

ミクジン
ミクジン

グリップがあるとSwitchのちっせえボタンが押しやすくていい感じになります

また、グリップは形が異なる3種類が付属してるので、ゲームによって持ちやすい物を使い分けることも可能になってます。

保護ケースは通常のSwitch・有機ELどちらにも対応

幅調節が可能な保護ケース

写真の部分のネジで幅を調節することにより、保護ケースは通常のSwitch・Switch有機ELどちらにも装着可能です。

キャリーバックは大容量で持ちやすい

少々大きめのキャリーバック

キャリーバッグは少々大きめですが、取手付きで持ちやすくなってます。

最初は「デカすぎかな?」と思いましたが、使ってみたらその考えが180度変わりました。

ミクジン
ミクジン

収納力と持ち運びやすさがすごいんですよ

キャリーバッグは保護ケースとグリップを付けたSwitchがまるまる入る仕様になってます。

その他ゲームカードが10個入る収納が付いていたり、フタの部分にはケーブルなどが入れやすい収納付き。

さらに。

モバイルバッテリーも収納可能

Switchを乗せる場所の下には大きめの収納スペースがあるので、モバイルバッテリーなどをぶち込んでおくことも可能です。

ちなみに、保護ケースとキャリーバッグは個別で購入することもできます。

もっと詳しいレビューはこちら

スポンサーリンク

HORI『グリップコントローラー』

HORIグリップコントローラーは操作性と持ちやすさが向上する、携帯モード専用のコントローラーです。

この商品をひとことで言うと…

「携帯モードでも純正プロコンのような操作性が欲しい」人向けのコントローラー

携帯モードなのにプロコンのような操作性と持ちやすさ

(上)通常のJoy-Con
(下)ホリ グリップコントローラー

写真の通りグリップコントローラーは結構大きめのコントローラーなんですが、その大きさとは裏腹にすごく軽いです。

Switchに付けて持ってみると、通常のJoy-Conを付けていた時と変わらない重さに感じました。

というか、その大きさゆえにめちゃくちゃ持ちやすいので、どっちかといえばグリップコントローラーを付けていた方が軽く感じるかもしれません。

ミクジン
ミクジン

まるで純正のプロコンを握っているような感覚です

各種ボタンやスティックもデカくて反応が良いので、携帯モードを純正のプロコンで操作しているような感覚になります。

特にスティックの操作性は、個人的にプロコンを上回る性能だなぁと思いました。

ミクジン
ミクジン

Joy-Conのボタンだとちっさくて携帯モードやりづらい!

って場合にいいですねこれ

ボタン割り当て機能

背面のボタンの位置

グリップコントローラーは背面にFR・FLボタンが付いていて、ここに好きなボタンを割り当てて使うことができます。

連射/連射ホールド機能

機能使用中はランプでお知らせ

また、連射/連射ホールド機能も付いていて、以下のような使い方ができます。

  • 連射:設定したボタンを押している間連射する
  • 連射ホールド:設定したボタンを押していなくても連射する

ただ弱点としては、「HD振動」など搭載していない機能があるので、そこは買う前に要チェックです。

ゼルダ ティアキンバージョン

もっと詳しいレビューはこちら

スポンサーリンク

HORI『グリップコントローラーFit』

グリップコントローラーFitは、同じくHORIのグリップコントローラーの機能はそのままに、よりコンパクトになった携帯モード専用コントローラーです。

この商品をひとことで言うと…

携帯モードに「操作性」「ちょうどよいサイズ」「デザイン」を求める人向けのコントローラー

大きさがちょうどよく、携帯モードが操作しやすい

グリップコントローラーFitは『グリップコントローラー』よりも小さく、純正のJoy-Conよりは大きいちょうどいいサイズになってます。

その持ちやすさは健在で、長時間プレイしても疲れにくいです。

オレは手が大きい方ですが、問題なくプレイすることができました。

ミクジン
ミクジン

携帯モード感を損なわない見た目もいい感じです

実際の使用動画

ボタンやスティックの大きさもちょうどいいので、複雑な操作を必要とするアクションゲームも快適です。

ボタン割り当て機能

背面のFR・FLボタン

『グリップコントローラーFit』の背面にはFR・FLボタンが付いていて、ここに好きなボタンを割り当てて使うことができます。

連射/連射ホールド機能

連射/連射ホールド(ターボ)設定ボタン

また、連射/連射ホールド機能も付いていて、以下のような使い方ができます。

  • 連射:設定したボタンを押している間連射する
  • 連射ホールド:設定したボタンを押していなくても連射する

ただ弱点としては、「HD振動」など搭載していない機能があるので、そこは買う前に要チェックです。

ゼルダ ティアキンバージョン

もっと詳しいレビューはこちら

スポンサーリンク

モバイルバッテリー『Anker PowerCore III 10000 Wireless』

AnkerのPowerCore Ⅲ Wirelessは、ワイヤレス・USB-C・USB-Aの3つの充電ができるモバイルバッテリーです。

この商品をひとことで言うと…

「スタンドも使えてワイヤレス充電もしたい」人向けのモバイルバッテリー

3つの充電が同時にできる

ワイヤレス充電部
USB-A・USB-C

PowerCore Ⅲ Wirelessはワイヤレス充電の他、USB-A・USB-C端子が付いていて、3つの機器を同時に充電することが可能です(合計最大出力20W)。

例)AirPods Pro・Switch・スマホを充電

こんな感じでいろいろ充電できるし、バッテリー容量は10,000mAhと大容量。

PowerCore Ⅲ Wirelessがあれば外出先でも自宅でも、いろんな物を充電することが可能です。

ミクジン
ミクジン

オレは部屋のコンセントが生活空間から遠いので、常にこれを身近に置いて充電に使ってます

パススルー充電対応(ワイヤレスのみ)

PowerCore Ⅲ Wirelessはパススルー対応で、本体を充電しながらワイヤレス充電ができる仕様になってます。

ミクジン
ミクジン

普段はスマホの卓上充電器として、外出時はモバイルバッテリーとして

なんて使い方もいいかもですね

スマホスタンド付き

スマホスタンド

PowerCore Ⅲ Wirelessには、出し入れ可能なスマホスタンドが付いています。

スタンドは縦置きと横置きができますが、充電とは関係ない機能に思えますよねこれ…。

ミクジン
ミクジン

でも実は…

これがなかなかに便利です

オレがよくやるのは、Switchを充電しながらプレイしつつ攻略サイトを見る時とか…。

ブログを書きながら音楽を聴く時、スマホを立てて歌詞を表示させるのにも便利です。

もっと詳しいレビューはこちら

スポンサーリンク

Apple『AirPods Pro(第2世代)』

AppleのAirPods Pro(第2世代)は、「ノイズキャンセリング」と「外部音取り込みモード」を搭載したワイヤレスイヤホンです。

Bluetooth接続なので、SwitchなどのApple製品以外でも使えます

この商品をひとことで言うと…

ノイズキャンセリングが強力で、iPhone持ちなら間違いないワイヤレスイヤホン

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

ノイズキャンセリングがかなり強力

画像はイメージです

AirPods Pro(第2世代)のノイズキャンセリングは第1世代と比べ、性能が最大2倍になっています。

その性能はかなり強力で、盛り上がってるパチンコ屋さんで自分の声が聞こえるほどでした。

ミクジン
ミクジン

びっくりしました

イヤホンを付けてない通常の音量を10とすると、ノイズキャンセリングで1〜2に抑えてくれるようなイメージですね。

ノイズキャンセリングは音楽を流さなくても発動するので、静かに集中したい時にもかなりおすすめです。

2つのモードを使い分けられる

  • ノイズキャンセリングモード:周囲の音量をすべて低くする
  • 外部音取り込みモード:イヤホンを耳に付けたままで周囲の音がそのまま聞ける

このうち「外部音取り込みモード」には「適応型環境音除去」という機能があり、周囲の音を取り込みながらも、工事などの騒音だけを低くしてくれます。

耳元で音量調節が可能

AirPods Pro(第2世代)はイヤホンを耳に付けたまま写真の位置を上下にスワイプすると、音量調節が可能になってます。

ミクジン
ミクジン

これは第1世代ではできなかったやつです

また、耳元で曲のスキップや停止、電話応答などの操作も可能。

イヤホンにはマイクが付いてるので、電話応答すればそのまま話すこともできます。

連続使用時間が向上

AirPods Pro(第2世代)は第1世代と比べ、連続使用時間が向上してます。

また、イヤホンを充電する速さは以下の通りになってます。

  • イヤホンを充電する速さ:充電ケースでの5分の充電で約1時間の再生時間、または約1時間の連続通話時間

MagSafe・Apple Watchの充電器でも充電できる

AirPods Pro(第2世代)はライトニングの他、MagSafe充電器やApple Watchの充電器でも充電できます。

ミクジン
ミクジン

磁石でカチッとくっついて充電されます

「探す」機能で詳細探索が可能に

AirPods Pro(第2世代)はiPhoneなどの「探す」機能で、詳細探索が可能です。

また、「探す」を使う際にはスピーカーから音を出して探すこともできます。

ストラップループ搭載

AirPods Pro(第2世代)にはストラップループが付いているので、いろいろぶら下げたりできます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見る
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場で見る
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで見る

もっと詳しいレビュー&関連記事

サンディスク『microSD 128GB』

サンディスクmicroSD 128GBは、データを保存するためのmicro SDカードです。

Switchは本体に保存できるデータの容量があまり多くないため、ゲームをダウンロードして遊ぶ場合、容量が足りなくなることがあります。

本体に保存可能なデータ容量
  • Switch:32GB
  • Switch(有機ELモデル):64GB
  • Switch Lite:32GB
ミクジン
ミクジン

そこで必要になってくるのがmicroSDカードですが…

その中でもサンディスク microSD 128GBはメーカー動作確認済みだし、安いのでおすすめです。

Nintendoの『使用できるmicroSDカード』基準を満たしている

画像はNintendo公式サイトより

Nintendoの公式サイトでは使用できるmicroSDカードとして、上記のようなmicroSDカードをすすめています。

サンディスク microSD 128GBその基準を満たしているので、Switchで快適に使うことができます。

ミクジン
ミクジン

サンディスク自体も有名なメーカーだから安心です

安い

Nintendoのマイニンテンドーストアには他メーカーのmicroSDが売られていますが、サンディスク microSD 128GBの方がそちらよりも安いこともおすすめポイントです。

ちなみにmicroSD系の商品は、

  • 電気屋さんに行って買うよりも、ネットショップで買った方が安い

ということが多いので、ぜひ値段をチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)