【レビュー】『ホリ グリップコントローラー for Nintendo Switch』は携帯モード特化!任天堂ライセンス付き

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

オレはSwitchを携帯モードで遊ぶことが多いのですが、純正のJoy-Conでやっていると、アクションゲームをやるのに少し不便な点がありました。

ミクジン
ミクジン

ボタン類がちっさいからちょっと押しずらいし…長時間やるには重いと感じてたのよね

ちょっと重いゆえに、写真のように小指で支えながらゲームをしていたので、小指には謎のたこができたりもしました。

大好きな『モンハンライズ』ではスティックの入力方向を間違ったりもするし、「なんとかならないかなぁ」と探していたら、いい感じの商品があったのですよ。

このコントローラーはワイヤレス機能がないので取り外して使うことはできないのですが、

ミクジン
ミクジン

オレはほぼ携帯モードで遊ぶし、任天堂ライセンス付きだし、メーカーがホリさんだし…

なんかよさそう

というわけでヨダレをたらしながら購入してみたので、さっそくレビューしていきたいと思います。

『ホリ グリップコントローラー for Nintendo Switch』の開封と外観チェック

ミクジン
ミクジン

まずは開封して中身をずらっと並べてみました

内容物一覧
  • グリップコントローラー for Nintendo Switch
  • 取扱説明書
ミクジン
ミクジン

ほんじゃ舐めるようにじっくりと見ていきましょうか

外観はこんな感じ

正面

グリップコントローラーには基本的なボタンが揃ってますが、下の方にはASSIGN(ボタン割り当て機能)とTURBO(連射機能)のボタンが追加されてます。

全体的にプラスチックな感じがして、サラサラとした触り心地。

各ボタンはというと、Joy-Conと比べるとどれも大きく押しやすくなっていて、特に+ボタンなどはゴムのような素材で、Joy-Conより高めに出ているため、すごく押しやすく感じました。

続いてL/Rのスティックを触ってみたら…

びびりました。

親指にフィットするように凹んでいるため、確実に純正のプロコンよりも操作がしやすく、動きも滑らかです。

ミクジン
ミクジン

こりゃいいかも

裏にはFLFRボタンが付いていて、ここに好きなボタンを割り当てる(ASSIGN機能)ことができます。

持ち手の部分はギザギザ(なんと呼べばいいか分からない)が付いてるので、滑ることもなく持ちやすいなと思いました。

上から

上から見てみるとこんな感じ。

ZL・ZRボタンが結構大きめになっていて、押しやすくなってます。

大きさと重さについて

純正のJoy-Conと並べてみたのですが、こうやって見るとグリップコントローラーは結構でかいです。

純正のプロコンと並べてみたら、だいたい同じ大きさでした。

しかし。

ミクジン
ミクジン

軽い!

大きさからすると純正のプロコン並みに重いと思ってたんですが、持ってみたらその軽さにびびりました。

測ってみたら154g。

純正のプロコンが約250gなので、100gほど軽いみたいです。

Joy-Conは2つあわせて約100gなのでそれよりはやや重いですが、Switchに装着した時にどう感じるのか…。

あ、全然変わんない。

Joy-Conを装着していた時とたいして変わらない重さに感じました。

というかめちゃめちゃ持ちやすいので、そのせいでどちらかというと軽く感じる可能性が高いですよこりゃ。

ミクジン
ミクジン

こりゃあ小指で支えなくて済みそうです

ちなみに、Joy-Conを装着したSwitchと大きさを比べるとこんな感じです。

でけえ!

でもそのかわり持ちやすさと操作性がめちゃくちゃ良くなってるので、これなら長時間アクションゲームをしても小指にたこができなくて済みます。

やっぱり持ちやすさを考えると少し大きめの方がいいんだなぁ、と思いました。

ちなみに、試してみたらSwitchのドッグにもこのまま入りました。

普段はテレビモードでやる場合でも、これならいちいち取り外さなくていいので便利ですね。

『ホリ グリップコントローラー for Nintendo Switch』のスペックは?

ミクジン
ミクジン

ここいらで、参考までにスペックを載せておきます

対応していない機能が結構ありますが、そのかわり軽く、持ちやすく、携帯モードの操作性だけに特化させた商品になってます。

ホリ グリップコントローラー for Nintendo Switch』を実際に使ってみた感想

『ホリ グリップコントローラー for Nintendo Switch』でモンハンライズをやってみた

ミクジン
ミクジン

グリップコントローラーはモンハンライズのために買ったようなもんなので、さっそく遊んでみました。その様子の動画もちょっとだけ載せておきます

動画(タップで再生されます)

うまいか下手かは置いといて、各ボタンの反応もいいし、とても操作しやすくて快適でした。

分かりやすく言うと、携帯モードなのに純正のプロコンで操作しているみたいな感覚です。

個人の好き嫌いもあると思いますが、特にスティックの操作はプロコンのそれを上回る操作性だと思います。

たいして重くないので疲れないし、Joy-Conを付けて携帯モードを遊ぶよりは間違いなく遊びやすいです。

ミクジン
ミクジン

モンハンの遊びやすさが向上しました

連射/連射ホールド・ボタン割り当て機能が結構便利

機能使用中はランプでお知らせ

グリップコントローラーには連射/連射ホールド・ボタン割り当て機能が付いているのですが、これが結構便利でした。

  • 連射/連射ホールド機能▶︎好きなボタンを押している間、または実際に押さなくても連射してくれる機能。
  • ボタン割り当て機能▶︎好きなボタンを背面のFL・FRボタンへ割り当てられる機能。

オレは『グラディウス』や『魔界村』などが好きでよくファミコンで遊ぶのですが、連射機能があるおかげでボタンを連打しなくてもいいのでプレイしやすくなりました。

また、ボタン割り当て機能は背面のボタンの位置が素晴らしいので、割り当て次第で操作性がかなり向上すると思います。

背面のFLボタンの位置

背面のボタンは、中指か薬指で押しやすい位置にいい感じで配置されてます。

まとめ

ミクジン
ミクジン

最後に、グリップコントローラーを使ってみた感想をまとめたいと思います

よかったところ
  • 持ちやすく、軽い
  • 携帯モードなのに純正のプロコンで遊んでいるような感覚で、操作性が良い
  • 連射/連射ホールド・ボタン割り当て機能が便利
  • モンハンがはかどる
うーんなところ
  • 携帯モード(Switch本体に装着して)しか使えない
  • ジャイロセンサー・モーションIRカメラ・加速度センサー・amiibo・HD振動・NFCといった機能は使えない

こんな感じでしょうか。

付いていない機能は結構ありますが、その分持ちやすく軽くなって操作性も上がっているので、アクションゲームなどの複雑で素早い入力が必要なゲームを携帯モードでやりたい場合にはめちゃくちゃおすすめです。

ミクジン
ミクジン

オレはこれでモンハンやりまくります

あわせて読みたい

『ミクジログ』を訪れてくれた方へ

星の数ほどあるサイトの中からこのブログを見つけてくれて、とても嬉しいです。

このブログは読んだ方もオレも含め、「人生を笑って楽しめたらいいな」と思って運営しています。

しょうもないこともたくさん書いてますが、読んだ後に少しでも笑顔になったり、心が軽くなったらいいなぁと思いながら書いています。

もし気が向いたら、またこっそりのぞいてみてくださいね。

また、もし記事を読んで「書いてる人にコーヒーでもおごってやっか」なんて方がいましたら、下記ボタンから応援(いわゆる投げ銭・50円〜)をしていただけるとありがたいです。

ブログ運営の励みになります🙇‍♂️

ミクジンを応援する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。