【レビュー】HORI『グリップコントローラーFit for Nintendo Switch』携帯モードの操作性が向上するちょうどいい大きさのコントローラー【任天堂ライセンス商品】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

2022年9月8日、HORIよりSwitch用の『グリップコントローラーFit』が発売されました。

『グリップコントローラーFit』

この商品はざっくり言うと、HORIからすでに発売されていた『グリップコントローラー』よりコンパクトにした商品となります。

「グリップコントローラーがもうちょい小さかったらいいのにな」

というユーザーの声から作られたそうです。

それを聞いてオレは思いました。

ミクジン
ミクジン

あ…確かに

そんなわけでさっそく買って届いたので、『グリップコントローラーFit』をレビューしていきます。

HORI『グリップコントローラーFit』のスペックと買う際の注意点

カラーはLIGHT GRAY×YELLOW
製品名『グリップコントローラーFit』
メーカーHORI
サイズ縦:約10.4cm × 横:約6.3cm × 厚さ:約4.2cm(片方)
重さ約64g(片方)
接続方式レールコネクタ接続(ワイヤレス通信はできない)
搭載機能・ボタン割り当て機能:背面のFR、FLボタンに好みのボタンを割り当てられる機能
・連射/連射ホールド機能:毎秒5・10・20回の3段階で設定可能
カラー4種(LIGHT GRAY×YELLOW、MIDNIGHT BLUE、MINT GREEN×WHITE、LIGHT GRAY×YELLOW)
※2022年9月8日現在
備考携帯モード専用(Switchから取り外しての使用はできない)
また、以下の機能は非搭載
・ジャイロセンサー
・加速度センサー
・モーションIRカメラ
・プレイヤーランプ
・HD振動
・お知らせランプ
・amiibo
・NFC(近距離無線通信)

スペックを見てもらえば分かるかと思いますが、買う際に注意することも一応書いておきます。

買う際の注意①『グリップコントローラーFit』は携帯モード専用

携帯モード

『グリップコントローラーFit』はSwitch本体に取り付けた状態で使う「携帯モード」専用のコントローラーになります。

ミクジン
ミクジン

なので取り外して使うことはできません

買う際の注意②『グリップコントローラーFit』には搭載していない機能がある

搭載していない機能
  • ジャイロセンサー
  • 加速度センサー
  • モーションIRカメラ
  • プレイヤーランプ
  • HD振動
  • お知らせランプ
  • amiibo
  • NFC(近距離無線通信)

『グリップコントローラーFit』は上記の機能は搭載してないので、買う際には注意が必要です。

ミクジン
ミクジン

いろいろ省いた代わりに、持ちやすさと操作性能が向上してるって感じですね

『グリップコントローラーFit』を使ってみた感想

ちょうどいい大きさ

『グリップコントローラーFit』を付けて持ってみましたが、Fitという名の通り、手にピタッとくるようなちょうどいい大きさだなと思いました。

ミクジン
ミクジン

大きすぎず小さすぎずって感じでちょうどいいです

他のコントローラーと並べるとこんな感じで、ちょうど中間くらいの大きさになってます。

オレはわりと手が大きい方なんですが、大きめの『グリップコントローラー』よりも『グリップコントローラーFit』の方がちょうど良く感じました。

持ちやすい形状

裏面のグリップは丸みを帯びていて、指が当たるところには凹凸が付けられています。

この凹凸のおかげで持ちやすく、長時間プレイしても本当に疲れにくいです。

ミクジン
ミクジン

とりあえずモンハンを3時間ほどぶっ通しでプレイしましたが…

快適でした

コントローラー自体の重さはJoy-Conより少し重いんですが、持ちやすいためか、Switchに付けた状態ではJoy-Conよりも軽く感じます

また、裏面はちょっとだけザラザラッとした感じの加工がしてあるので、指が滑る心配もないです。

写真の突起物(名前が分からない)のおかげで、テーブルなどに置いてもSwitchが安定します。

ミクジン
ミクジン

なかなか気の利いた作りですね

ボタンやスティックもちょうどいい大きさで、操作がしやすい

Joy-Conと比べてボタン類が大きめに作られているので、携帯モードにおいては圧倒的『グリップコントローラーFit』の方が操作しやすいです。

スティックも少し大きめで上部がやや凹んでいるので、グリグリ回しやすくて快適だなぁと思いました。

【短め動画】『グリップコントローラーFit』でプレイしてるところ

ボタンやスティックの感度も良好で、複雑な操作を必要とするモンハンもしっかりプレイできました。

ミクジン
ミクジン

ここだけの話…

携帯モードでモンハンやるために買いました

これだけ持ちやすくてプレイしやすいなら、携帯モードでアクションゲームをする時にはかなり役に立つと思います。

ボタン割り当て機能

ボタン割り当て(アサイン)機能設定ボタン
背面のFR・FLボタン

『グリップコントローラーFit』の裏面にはJoy-ConにはないFR・FLボタンが付いていて、ここに好きなボタンをひとつずつ割り当てることができます。

ミクジン
ミクジン

押しやすい位置にあるので、自分好みのボタンを割り当てるとプレイが向上しそうですね

連射/連射ホールド機能

連射/連射ホールド(ターボ)設定ボタン

『グリップコントローラーFit』には連射/連射ホールド機能が付いていて、毎秒5・10・20回の3段階の連射速度を設定できます。

ミクジン
ミクジン

ちなみに連射と連射ホールドの違いは以下の通りです

  • 連射:設定したボタンを押している間連射する
  • 連射ホールド:設定したボタンを押していなくても連射する

これを使えば、シューティングゲームなどが楽になりそうですね。

しばらく使ってみた感想

『グリップコントローラーFit』はちょうどいい大きさと形状ゆえの持ちやすさ・プレイのしやすさがとても良く、携帯モードでアクションゲームを遊ぶ時にはかなりプレイしやすいです。

オレは今まで主に、携帯モードを『グリップコントローラー』と純正のJoy-Conで遊んでましたが…。

『グリップコントローラー』は個人的にちょっと大きすぎる気がしたし…。

保護カバーとグリップをつけたJoy-Con

Joy-Conはボタン類が小さくて、複雑な操作が必要なアクションゲームでは少しプレイしにくい気がしてたんです。

その中間をいく『グリップコントローラーFit』は本当にちょうどよくて、携帯モード好きのオレ的には「これを待ってた!」って感じでした。

買って大正解です。

ミクジン
ミクジン

ただ…

通常サイズのSwitchケースでは入らない

『グリップコントローラーFit』Switchに付けた状態で入るケースを探してもあんまり見当たらないのは、ちょっとアレかなと思いました。

※2022年9月8日現在の話です。

携帯モードが好きなオレはSwitchを持ち歩くことも多いので、専用のケースがあれば助かるし絶対買うんですが…。

ミクジン
ミクジン

HORIさん、ぜひお願いします

『グリップコントローラーFit』のまとめとおすすめな人

よかったところ

  • コントローラー本体とボタン類がちょうどいい大きさ
  • 持ちやすい形状で長時間プレイしても疲れにくい
  • ボタンやスティックの感度が良く、押しやすくて操作しやすい
  • ボタン割り当て機能、連射/連射ホールド機能付き
  • 複雑な操作のアクションゲームが快適に遊べる

う〜んなところ

  • 携帯モード専用
  • HD振動など搭載してない機能がある
  • コントローラーをSwitchに付けたまま入るケースがあんまりない
ミクジン
ミクジン

結論は、

買って大正解です

最後に、この商品はどんな人におすすめだと思ったのかを書いておきます。

おすすめな人
  • 主に携帯モードで遊ぶ人
  • 携帯モードでもアクションゲームを快適に遊びたい人
  • HD振動などの機能がなくても特に気にしない人
  • 『グリップコントローラー』がちょっと大きすぎるなと思ってる人
  • ちょうどいい大きさの携帯モード用コントローラーが欲しい人
  • ボタン割り当て機能や連射機能を使いたい人
ミクジン
ミクジン

特にちょうどいい大きさの携帯モード用コントローラーが欲しい人におすすめです

合わせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。