【レビュー】Yokepro『Switchコントローラー』純正プロコンの約半額!でも操作感はほぼ同じなコントローラー

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

Switchで複雑な操作を必要とするゲームを遊ぶ時、あると便利なのがプロコンです。

代表的なのはNintendo純正のプロコンですが、他社製のコントローラーもたくさん売られています。

そして他社製のほとんどが純正のものより安く、連射機能など、純正にはない機能を付けた商品も多いんですよね。

ミクジン
ミクジン

他社製のってどんな感じなんやろ?

ぶっちゃけオレはNintendo純正プロコンしか使ったことがないので、気になってました。

そこで試しに買ってみたのが、Amazonで評価が高かったこちらのコントローラーです。

YokeproのSwitchコントローラー

「特徴」はこんな感じです。

  • Nintendo純正プロコンの約半額
  • 「ジャイロ操作」が可能
  • 「4重HD振動」搭載
  • 「amiibo」は使えない
  • 「ターボ機能」搭載
  • 「MACRO機能(ボタン割り当て)」搭載
  • バッテリー持続時間は約15〜20時間

「使ってみた感想」をすげえ簡単に言っちゃうと、こんな感じでした。

ジャイロ操作や通常プレイだけなら、安いこのコントローラーでじゅうぶん

そんなわけで今回は、YokeproのSwitchコントローラーをレビューしていきます。

Yokepro『Switchコントローラー』のスペック・同梱物

製品名
YokeproのSwitchコントローラー
ブランドYokepro
サイズ縦:115mm
横:155mm
厚さ:65mm
重さ約210g
Switch本体の
スリープ解除
ホームボタンで可能
ジャイロ操作可能
amiibo使えない
振動機能4重HD振動
通信機能Bluetooth5.0
センサージャイロセンサー
バッテリー容量
充電時間
バッテリー持続時間
充電ポート
550mAh
約2〜3時間
約15〜20時間
USB Type-C
その他の機能ターボ機能
MACRO機能(ボタン割り当て)
同梱物
  • Switchコントローラー
  • 充電ケーブル
  • 取扱説明書

Nintendo純正プロコンとのスペック比較表

参考までに、Nintendo Switch Proコントローラー(純正プロコン)とのスペック比較表を載せておきます。

表はスライドできます

製品名サイズ重量本体のスリープ解除ジャイロ操作amiibo振動機能通信機能センサーバッテリーその他の機能

Nintendo Switch Pro
コントローラー
縦:106mm
横:152mm
厚さ:60mm
約246gホームボタン可能使えるHD振動Bluetooth3.0
NFC(近距離無線通信)
加速度センサー
ジャイロセンサー
容量:1300mAh
持続時間:約40時間
充電時間:約6時間
USB Type-Cで充電
なし

Yokepro
Switchコントローラー
縦:115mm
横:155mm
厚さ:65mm
約210gホームボタン可能使えない4重HD振動Bluetooth5.0ジャイロセンサー容量:550mAh
持続時間:15〜20時間
充電時間:2〜3時間
USB Type-Cで充電
ターボ機能
MACRO機能(ボタン割り当て)

Yokepro『Switchコントローラー』のレビュー

外観・サイズ・重さ

純正プロコン(右)との比較

YokeproのSwitchコントローラーNintendo純正プロコンとほぼ同じ大きさですが、縦に9mmほど長く、約30gほど軽くなってます。

正面には、「ターボボタン」や「お知らせランプ」が配置。

充電中やプレイ中などにこの「お知らせランプ」が光るんですが、この位置にあると見やすいなと思いました。

上部にはUSB-Cの充電ポート。

ZR・ZLボタンはNintendo純正プロコンより、サイズが大きめです。

裏面にはM1・M2ボタンがあり、それぞれに好きなボタンを割り当てて(MACRO機能)使うことができます。

しかしこのM1・M2ボタンについて、ちょっと気になることがありました。

M1・M2ボタンは鉄板に細長い突起物が付いていて、それで内部のボタンを押すような作り。

触ってみた感じ簡単に外れることはなさそうですが、鉄板のはじに何かを引っ掛けて、ボキッといく可能性はありそうです。

持ちやすさ・基本ボタンなどの使用感

持ちやすさ・基本的なボタンの押し心地はNintendo純正プロコンに近く、特に問題はありません。

重さはNintendo純正プロコンより軽いので、人によってはこちらの方が持ちやすく、プレイしやすいかと思います。

ミクジン
ミクジン

長時間プレイにも向いてそうです

また、ボタンの反応も良いので、アクションゲームも問題なくプレイできます。

ただ「撮影ボタン」と「ホームボタン」の配置がNintendo純正プロコンと違うので、慣れないうちは押し間違いがありそうです。

「MACRO(ボタン割り当て)機能」の使用感

YokeproのSwitchコントローラーには「MACRO(ボタン割り当て)機能」が付いており、裏面のM1・M2ボタンに、好きなボタンを割り当てられます。

しかし実際にやってみたところ、反応がかなり悪く、正直使えるレベルではありませんでした。

連打してもたまにしか弾が出ない

本来なら押した分だけ弾が出るはずですが、数回押して1回くらいしか弾が出ません。

ミクジン
ミクジン

これだとプレイは無理です

これに加え、M1・M2ボタンの位置にも問題がありました。

M1・M2ボタンはちょうど中指が当たる位置にあるんですが、押し心地が軽く、ちょっとグリップを握り直すと意図せず押してしまうんです。

これだと、操作ミスをする可能性がかなり高いです。

「ジャイロ操作」の使用感

ジャイロ操作の使い心地はNintendo純正プロコンに近く、特に問題はありませんでした。

動かした速さにもしっかり反応してくれるので、Nintendo純正プロコンと同じように使えます。

「ターボ機能」の使用感

連射ができる「ターボ機能」の動作は問題なく、使い心地は良好でした。

連射の速さは3段階から選ぶことができ、切り替えるとしっかり動作してくれました。

  • 毎秒5回
  • 毎秒12回
  • 毎秒20回

また、ターボボタンは押しやすい位置にあるので、プレイ中にオン・オフを切り替えやすく、お知らせランプも見やすいので便利です。

「4重HD振動」について思ったこと

YokeproのSwitchコントローラーには「4重HD振動」が付いてますが、これは振動の強さを4段階で調整できる機能です。

しかし調節できること自体はいいものの、振動が細かい表現ではないため、なんとも微妙に感じました。

Nintendo純正プロコンでは、ゲーム内の小さな演出は小さい振動、大きい演出は大きい振動、と細かい表現をしてくれますが、YokeproのSwitchコントローラーはかなり大ざっぱな感じです。

Yokepro『Switchコントローラー』のレビューまとめ

タップで切り替えられます

よかったところ
  1. Nintendo純正プロコンの約半額で買える
  2. Nintendo純正プロコンとほぼ同じ大きさだが、より軽くて持ちやすい
  3. ジャイロ操作や通常プレイの操作感はNintendo純正プロコンとほぼ同じ
  4. 「ターボ機能」は使い心地が良く、3段階設定が可能
弱点
  1. 「NFC(amiibo)」、「モーションIRカメラ」には非対応
  2. バッテリー持続時間はNintendo純正プロコンの約半分
  3. 「MACRO機能(ボタン割り当て)」と、それに使用するM1・M2ボタンはいまいち
  4. 「4重HD振動」は表現が大ざっぱ

YokeproのSwitchコントローラーは、安いながらも、操作感は純正とほぼ同じなコントローラーでした。

難ありな機能もありますが、ジャイロ操作や通常プレイだけなら純正と大差ありません。

純正の約半額なうえに「ターボ機能」も使えるので、ぜひチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)