【Switchライト】快適に遊ぶためのおすすめアクセサリー・周辺機器5選

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

オレはSwitchを持っているのですが、ほぼ携帯モードでしか遊んでいなかったのでLiteも買っちゃいました。

\楽天ポイント最大10倍!/
楽天市場で見る
\最大10%ポイント追加!/
Yahooショッピングで見る

しかし本体を買うと気になってくるのが、保護ガラスやケースなど周辺機器やアクセサリです。

だけどたくさん売ってるので、

ミクジン
ミクジン

どれがいいのかよく分かんねーよ!

ってなるんですよねこれが…。

そんなわけで、参考までに今オレが実際に使って気に入っているものを紹介してみたいと思います。

タフプロテクター(ホリ)

よかったところ

  • 握り心地が良く、付けていた方がプレイしやすくなる
  • 付けたまま充電やソフト・micro SDの入れ替えが可能
  • 付けたままスリムハードポーチ(同じホリ製のもの)にも入る

う〜んなところ

  • 付けていると厚みがあるため、充電スタンドによっては使えないものがある

Switch Liteはコントローラーを取り外したりできないので、スマホのように本体全部を守ってくれるカバーが売られています。

ミクジン
ミクジン

その中でも使ってみて良かったのがこのホリ製のカバーでした

『Nintendoライセンス商品』で安心感があるのはもちろんのこと、本体との色のバランスも良く、付けた方が断然プレイしやすく、裏から見てもかっけえので現在メインで使ってます。

詳しいレビューはこちら

スリムハードポーチ(ホリ)

よかったところ

  • タフプロテクターを付けたまま収納できる
  • スリムなので小さめのバッグにも入る

う〜んなところ

  • ゲームカードは収納できない

こちらも『タフプロテクター』と同じくホリ製のNintendoライセンス商品。

スリムで頑丈なところも良いですが、買った一番の理由はタフプロテクターを付けたまま収納できるからでした。

ミクジン
ミクジン

本体を守ってくれるカバーを付けておきたいけど、厚みがあってポーチに入らないからいちいち外すのめんどくせえ…

そんな悩みを解決してくれた商品でした。

ただポーチに入るのはホリ製のカバーを付けた場合なので、その他のカバーを付けて入れようとすると無理な場合もあるかもです。

Switch Lite用 強化ガラスフィルター 光沢タイプ(アクラス)

強化ガラスフィルターを貼った画面

よかったところ

  • 透明度が高くゲーム画面がキレイ
  • 貼り付け簡単で気泡もほぼできない
  • 安い

う〜んなところ

  • 分かんない

画面を保護するフィルターやフィルムは種類がたくさんあって、どれを選んだらいいか全然分からなくて、何度か何度か失敗しました

そんな中出会ったのがこの商品です。

手先がそんなに器用じゃないオレでも簡単に貼れたし、透明度が高いのでゲーム画面がすごくキレイに見えます。

ちなみに画面保護フィルターには、

  • 光沢タイプ
  • ブルーライトカットタイプ
  • サラサラタイプ(反射防止タイプ)
  • 指紋防止タイプ

などいろいろありますが、ゲーム画面そのままのキレイさでプレイしたいなら『光沢タイプ』を選んだ方がいいです。

他のタイプ…特にサラサラタイプ(反射防止タイプ)などは、保護フィルターを付けると画面がモヤッとした感じになるものもありますので、買う際にはご注意を。

Anker PowerCore III 10000 Wireless

Anker PowerCore III 10000 Wireless

よかったところ

  • 10,000mAhの大容量
  • スマホスタンド内蔵
  • ワイヤレス充電とUSB充電(USB-A・USB-C)の3つの充電を同時に使用できる
  • パススルー充電対応(ワイヤレス充電のみ)
  • 急速充電対応(USB:最大18W)
  • ワイヤレス充電:最大10W

う〜んなところ

  • そこまでコンパクトではない(スマホくらいの大きさと重さ)
  • パススルー充電はワイヤレス充電でしか使用できない

Switch Liteは携帯モード特化ゆえ、外に持ち出して遊ぶことも多く…。

ミクジン
ミクジン

充電がネックでした

それを解決してくれたのがこの『Anker PowerCore III 10000 Wireless』です。

Switch Liteのバッテリー容量が3570mAhなので、だいたい3回バッテリーを満タンにできます。

3タイプの充電が使えますが、USB-Cは入力(本体を充電)・出力(他の機器を充電)どちらにも使え、ワイヤレスも含め3台同時に充電することも可能。

バッテリー容量が10,000mAhと大容量なので、Switchのみならずスマホにもその他にも使えて便利です。

詳しいレビューはこちら

『サンディスク microSD 128GB』

サンディスク microSD 128GB

よかったところ

  • Nintendoの『使用できるmicroSDカード』基準を満たしている
  • 安い

う〜んなところ

  • 特になし

Switchは本体に保存できるデータの容量があまり多くないため、ゲームをダウンロードして遊ぶ場合、容量が足りなくなることがあります。

Switch本体に保存可能なデータ容量
  • Switch▶︎32GB
  • Switch(有機ELモデル)▶︎64GB
  • Switch Lite▶︎32GB
ミクジン
ミクジン

そこで必要になってくるのがmicroSDカードですが…

その中でも『サンディスク microSD 128GB』が安くて安心で、おすすめです。

Nintendoの『使用できるmicroSDカード』基準を満たしている

画像はNintendo公式サイトより

Nintendoの公式サイトでは使用できるmicroSDカードとして、上記のようなmicroSDカードをすすめています。

サンディスク microSD 128GB』はその基準を満たしているので、Switchで快適に使うことができます。

ミクジン
ミクジン

サンディスク自体も有名なメーカーだから安心です

安い

Nintendoのマイニンテンドーストアには他メーカーのmicroSDが売られていますが、『サンディスク microSD 128GB』の方がそちらより安いこともおすすめポイントです。

ミクジン
ミクジン

オレはずっとこれ使ってます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。