YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

使って良かったと思ったSwitch Liteの周辺機器・アクセサリ5選【スイッチライト】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

Switch Lite(スイッチライト)

オレはもともとSwitchを持っていたのですが、ほぼ携帯モードでしか遊んでいなかったので発売日に速攻買っちゃいました。

そして本体を買うと気になってくるのが、保護ガラスやケースなど周辺機器やアクセサリです。

だけどたくさん売ってるので、

ミクジン
ミクジン

どれがいいのかよく分かんねーよ!

ってなるんですよねこれが…。

そんなわけで、参考までに今オレが実際に使って気に入っているものを紹介してみたいと思います。

タフプロテクター(ホリ)

良かったところ
  • 握り心地が良く、付けていた方がプレイしやすくなる
  • 付けたまま充電やソフト・micro SDの入れ替えが可能
  • 付けたままスリムハードポーチ(同じホリ製のもの)にも入る
うーん、なところ
  • 付けていると厚みがあるため、充電スタンドによっては使えないものがある

Switch Liteはコントローラーを取り外したりできないので、スマホのように本体全部を守ってくれるカバーが売られています。

その中でも使ってみて良かったのがこのホリ製のカバーでした。

『Nintendoライセンス商品』で安心感があるのはもちろんのこと、本体との色のバランスも良く、付けた方が断然プレイしやすく、裏から見てもかっけえので現在メインで使ってます。

Bengoo Switch Liteケース

良かったところ
  • スタンドが付いてるので本体を立てられる
  • めちゃくちゃ持ちやすくてプレイしやすい(タフプロテクターより上かも)
うーん、なところ
  • スタンドを使って本体を立てていると充電ができない(USBを挿す部分が隠れる)
  • 厚みがあるのでポーチなどには入れづらい
  • 電源ボタンと音量ボタンもガードされるが、やや硬め

こちらも本体に付けることで握りやすくなりプレイが快適になりますが、一番の特徴はやはりスタンド付きというところ。

Switchとは違い、Switch Lite本体にはスタンドが付いてないので、スタンド付きがいい!という人におすすめです。

スリムハードポーチ(ホリ)

良かったところ
  • タフプロテクターを付けたまま収納できる
  • スリムなので小さめのバッグにも入る
うーん、なところ
  • ゲームカードは収納できない

こちらも『タフプロテクター』と同じくホリ製のNintendoライセンス商品。

スリムで頑丈なところも良いですが、買った一番の理由はタフプロテクターを付けたまま収納できるからでした。

ミクジン
ミクジン

本体を守ってくれるカバーを付けておきたいけど、厚みがあってポーチに入らないからいちいち外すのめんどくせえ…

そんな悩みを解決してくれた商品でした。

ただポーチに入るのはホリ製のカバーを付けた場合なので、その他のカバーを付けて入れようとすると無理な場合もあるかもです。

Switch Lite用 強化ガラスフィルター 光沢タイプ(アクラス)

良かったところ
  • 透明度が高くゲーム画面がキレイ
  • 貼り付け簡単で気泡もほぼできない
うーん、なところ
  • 分かんない

画面を保護するフィルターやフィルムは種類がたくさんあって、どれを選んだらいいか全然分からなくて何度か失敗しました

そんな中出会ったのがこの商品です。

実際に貼ったところ⬇︎

手先がそんなに器用じゃないオレでも簡単に貼れたし、透明度が高いのでゲーム画面がすごくキレイに見えます。

ちなみに画面保護フィルターには、

  • 光沢タイプ
  • ブルーライトカットタイプ
  • サラサラタイプ(反射防止タイプ)
  • 指紋防止タイプ

などいろいろありますが、ゲーム画面そのままのキレイさでプレイしたいなら『光沢タイプ』を選んだ方がいいです。

他のタイプ…特にサラサラタイプ(反射防止タイプ)などは、保護フィルターを付けると画面がモヤッとした感じになるものもありますので、買う際にはご注意を。

CYGNETT(シグネット)モバイルバッテリー 大容量 10000mAh

良かったところ
  • 薄型で持ち運びやすい
  • 最大3.1Aの高速充電対応
  • 2個セットなので使いわけできる
  • バッテリー残量が見やすい
  • 本体を充電しながら他の機器を充電できるパススルー機能
  • 2台同時充電もできる
うーん、なところ
  • 思いつかない

Switch Liteは携帯モード特化ゆえ外に持ち出して遊ぶことも多く、充電がネックでした。

それを解決してくれたのがこの商品。

モバイルバッテリーもたくさん売ってますが、1番使いやすかったのがこれでした。

実際の写真⬇︎

バッテリー残量が100%表示なので分かりやすく、とても見やすいです。

Switch Liteのバッテリー容量が3570mAhなので、だいたい3回バッテリーを満タンにできます。

3タイプのUSBが使えますが、USB-Type-Cは入力(本体を充電)・出力(他の機器を充電)どちらにも使えるので、2台同時に充電することも可能です。

黒と白の2個セットなので、1つは自宅用・1つは外出用で使い分けることもできてすごく便利だなぁと思いました。

ミクジン
ミクジン

ちなみにオレは、黒い方をiPad Proの充電器として使ってます

最後に

最後の方は悪いところが「分かんない」とか書いててレビューとしては最悪ですが、そのくらい気に入って使ってます。

参考になったか不安ですが、いろいろ活用してもっと楽しいSwitchライフにしたいですねウフフ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。