【心に響く歌/感想】くるり『魔法のじゅうたん』 出会ったことが全てだったんだ

スポンサーリンク

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

この記事は、オレの心に響いたものを勝手に紹介して書きまくるワガママシリーズです。

出会ったことが全てだったんだ

くるり『魔法のじゅうたん』

これは『くるり』というバンドのオレの大好きな曲、『魔法のじゅうたん』に出てくる歌詞です。

この言葉はたったそれだけで、人と人との出会いや別れに対する全ての感情を表しているような気がします。

出会った当時の気恥ずかしさやドキドキ。

たまにしてしまうケンカ、なんだかんだで大事に思っていること。

時間が経つにつれて、いろんなことに良くも悪くも慣れてきてしまうこと。

分かっているようで、ほんとは分からないところもたくさんあること。

時間とともに変わっていくこと、失ってしまってから気付くもの…。

生きてるといろんな出会いや別れがあって、いろんな感情が浮かんでくるけど、それら全ての感情は「出会ったこと」から始まります。

この曲を聞いていると、たとえ悲しい別れになったとしても、途中経過や別れの理由はどうあれ「出会ったことじたいは悪いことじゃなかったんだ」と思わせてくれるような気がするんです。

スポンサーリンク

くるり『魔法のじゅうたん』

『くるり』23枚目のシングル。

2010年7月28日発売。

この曲は大鵬薬品工業のチオビタドリンクのCMソングにもなっていた曲です。

『くるり』はチオビタドリンクのCMの曲を多く歌っている気がしますね。

スポンサーリンク

分かったつもりになってた寂しさ

君のこと沢山知ってるつもりだったな

だけど こんなにも分からなくなるなんて

素敵な時間もありふれた朝も

今日は青空だけどさみしいなんて

僕のこと沢山 話せば話すほど

なぜか こんなにも分からなくなるなんて

くるり『魔法のじゅうたん』

仲の良い友人でも、恋人でも、家族でも。

長く付き合って、沢山知っていたはずの相手のことが分からなくなることがあります。

逆に自分のことを沢山話して教えていたのに、分かってくれてないことだってある。

ふとしたことでそれを知ってしまった時、素敵なはずの時間も、気持ちがいいはずの青空も。

いつもの景色が違ったものに見え、寂しいものに感じてしまう。

分かっているつもりだったのに、知ってくれていると思っていたのに。

それを確かめるために話せば話すほど、余計に分からなくなることもある。

ただひとつ分かるのは、「寂しい」と思う自分のこの気持ちだけ。

「自分なんて本当はひとりぼっちなんじゃないか」と思えてきます。

スポンサーリンク

変えていくのは『僕ら』

強い向かい風が頬をかすめる

君のにおいを感じればいい

僕らはこんなにも沢山の

夢見がちだった風景を変える

これからのことだろう

目に見えるものすべてが

耳に余るものすべてが

遠くなっても 離れないで

出会ったことが全てだったんだ

くるり『魔法のじゅうたん』

相手が大事な人になるほど、

「分かったつもりになってた」

「分かってもらえたつもりになってた」

と知った時の寂しさは大きいかもしれません。

もしかしたらこれまでの出来事は「自分が見ていた夢」で、現実は違ったのかもしれない。

でももしそうだったとしても、これからそれを良い方向に変えていけるのは「僕ら」しかいないんだと思います。

だってそもそもその夢を見れたのは、「僕ら」だったからです。

出会うことができなければ、ひとりぼっちだったなら、その夢すら見ることはできなかった。

だから心が遠くなった気がしても、「僕ら」なら夢見がちだった風景を変えていける。

離れさえしなければ、夢は夢じゃなくなることだってあるんです。

出会ったことは間違いじゃないんだ

相手のことが分からなくなって離れてしまうのは簡単なことです。

たぶんそうした方が楽な場合もあると思うし、分からなくなった理由によっては、むしろ離れた方がいい場合もある。

でも相手のことが分からないのは心が読めない以上当然のことだし、だからこそ特に最初は分かろうと努力していたはずです。

そう考えてみると、本当は分からなくなったんじゃなくて、『ただ自分の思い描いてたものが少しずれていただけ』ってことなのかもしれません。

それならお互いに努力すれば修正できる可能性もあります。

時が過ぎて忘れているかもしれないけど、出会ったからこそ楽しかったことも嬉しかったことも、本当にたくさんあったはずです。

それらの感情は夢でも幻でもなくて、ちゃんと現実にあった自分が思った本当のこと。

それまで否定してしまったら、自分の全てを否定しているのと同じになってしまいます。

何もかも全部が間違いだったと思った時にはもう、寂しいだけでは済まなくなる。

何もなくなります。

それが一番苦しい。

だからもし万が一、お互いのずれを修正できなかったとしても、「出会ったこと」は間違いじゃないと思うんですよね。

だって楽しいことや嬉しいこともたくさんあって、あの時僕らは笑っていたんだから。

確かにあった良い記憶に「ありがとう」と言って、今は無理でも、いつか笑えればそれでいいんじゃないかなぁ。

きっとその時には、最後の歌詞みたいに「夢見たように飛んでゆける」はずです。

だから今なら言える気がするんだ。

出会ってくれてありがとう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)