【初チン】ひとり暮らしのオレが、初めて電子レンジでチンした日

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

クリスマスに電子レンジをもらい、ついにオレもチンが可能になりました。

関連記事

ひとり暮らしをして数年経ちますが、なぜ今まで電子レンジを持たなかったのか、不思議でなりません。

この機会にいろいろ調べましたが、冷凍弁当やらなんやらがたくさんあり、チンすればOKの世の中になっていたんですね…。

ミクジン
ミクジン

便利にもほどがあります

そんなわけでやっとチン時代に追いついたので、さっそく初チンしていきたいと思います。

スポンサーリンク

肉まんが15秒だと!?

まずは肉まんさんです。

彼は一番最初にチンしようと購入していたので、さっそくダイブしてもらいます。

これでよし。

生まれて初めてのチンってわけじゃないけど、使い方を忘れるくらい久々だからなんか緊張するな。

…と思っていたら、何秒あっためればいいのかを見忘れていました。

危ない危ない、初チンで大惨事になるのは避けたい。

慎重にいかねば。

早すぎないか!?

肉まん1個が約15秒でOKというのを見て、いい大人(41歳)のくせにびびりました。

ここまで文明が進んでいただなんて…もはやバックトゥザフューチャーで見た未来じゃないか。

いやびびってる場合じゃないな、さっそくチンしよう。

【30秒以内動画】

え?

チンが終わったときの音を聞いて、思わず声が出ました。

「チーン!」じゃないんだ…。

てっきりチン音は健在だと思ってましたが、現代のチンはチンではなかったようです。

ウソだろ…もうあったかい!

うちの電子レンジは10秒単位でしか設定できないのですが、20秒やったらもうホクホクでした。

とはいえまぁ、コンビニとかで売ってる肉まんほどのおいしさはないだろうな。

チンしただけだもんな。

では実食してみますか。

バカな…!!

ひとくち食べたそれは完全に肉まんで、お世辞にもマズいとは言えない、おいしい肉まんそのものでした。

いやほんとおいしい。

ああテンション上がってますね。

これが自分だと思うと複雑な気持ちですが、電子レンジの凄さを知ったのでよしとします。

さて次は冷凍銀だこをやってみよう!

スポンサーリンク

冷凍「銀だこ」をチンする

今回のメイン「銀だこ」の登場です。

銀だこは昔から大好きなのですが、近くにお店がないのがたまにキズでした。

ゆえに、チンで食えてしかもおいしいとなれば、常備確定の商品です。

あっぶね!

ぶっちゃけソースや青のりのことは何も考えないで買ったんですが、付属してて助かりました。

「ソースや青のりは流水で解凍できる」って、すごいな現代。

恥ずかしながら、なんだか未来にタイムスリップした感覚になりました。

もううまそう。

作り方は簡単で、フィルムを完全に剥がし、500Wで約4分30秒チンするだけ。

さすがに銀だこクラスになると20秒では無理か、ふむふむなるほど。

ではさっそくチンしますか。

初めての長めのチンなので、なんとなくレンジの前でソワソワ。

うまくできるかな。

できたあああああ!!

ホクホクのたこ焼きにソースなどをかけ、あっという間に完成しました。

まじか、これは簡単すぎる。

…しかしひとつ不安が。

かつてチンを使っていた若い頃、同じようにたこ焼き(銀だこじゃないやつ)をチンしたことがあるんですが…。

あの頃のチンは、完成品がふにゃふにゃのビロビロでした。

今はどうなっているんだろう。

よし、食べてみよう。

うまああああああ!!

食べた瞬間、若い頃のチンたこ焼きの記憶がどっかに吹っ飛びました。

めちゃくちゃうめえ!

ふにゃふにゃのビロビロどころか、カリカリのジュワジュワじゃねーか!

何これチンどんだけ進化してんの!?

ああもうテンション上がりすぎて人じゃなくなってますね。

もう怖いですこいつ。

そんなわけで今回は2つチンしてみましたが、現代のチンの凄さを知りました。

ミクジン
ミクジン

これからも

どんどんチンしていくぜ!

しかし頭がおかしくなってる時のオレ、なんでこんなにアゴが長いんだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)