YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

【AirPods Pro】レビュー!予想以上のノイズキャンセリングは『優しい魔法』だった

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

Appleのワイヤレスイヤホン、

『AirPods Pro』

発売されたのは2019年10月30日なのですが、Amazonで買おうと思っていたら在庫切れのため、なかなか買えませんでした。

だけどようやく買えたので、箱をまだ開けてない状態で今これを書いてます。

はたして噂に聞くノイズキャンセリングはどんな具合なのか

などなどをさっそくレビューしていきます。

ミクジン
ミクジン

楽しみすぎる

『AirPods Pro』の簡単なスペック

AirPods Proイヤホン
AirPods Proイヤホン
高さ・幅・厚さ30.9・21.8・24.0(mm)
重量5.4g
防水耐汗耐水性能(IPX4)
バッテリー1回の充電で最大4.5時間の再生(ノイズキャンセリング、外部音取り込みモードOFF時は最大5時間)連続通話は最大3.5時間
AirPods Pro充電ケース
AirPods Pro充電ケース
高さ・幅・厚さ45.2・60.6・21.7(mm)
重量45.6g
防水なし
バッテリー24時間以上の再生時間、18時間以上の連続通話

開封

AirPods Pro外箱
AirPods Pro外箱

う、うおおおお…。

シンプルでAppleぽい箱ですが、イヤホンのところが少し浮き出て見えます。

どうなってるんだろう。

AirPods Proの浮き出す外箱

ああ…出てる!

なんかちょっと立体的に見えるなぁと思ったら、まじで出てました。

どうでもいい部分かもしれないけど、こういう細かいところにテクニックを使うってステキだなぁと思います。

さて、箱を開けてみます。

大事に包まれたAirPods Pro
ミクジン
ミクジン

ようこそ我が家へえええ

いやあ、姿を見て興奮しました。

なんたって半年近くヨダレをたらしながら待っていたわけですから…。

同梱物

AirPods Pro同梱物
  • AirPods Pro(イヤホン)
  • Wireless Charging Case(充電ケース)
  • Lightning ー USBーCケーブル
  • シリコーン製イヤーチップ(3サイズ:Mはイヤホンに装着済み)
  • 説明書

箱の中には以上5点が同梱されてました。

Lightning ー USBーCケーブル(AirPods Pro)
Lightning ー USBーCケーブル

Lightning ー USBーCケーブルは片方がLightning・片方がUSBーCになってました。

これがあればUSBーCコネクタが付いてる機種からAirPods Proに充電ができるというわけですか、なるほど。

iPad Pro(第3世代)からAirPods Proへ充電
iPad Pro(第3世代)からAirPods Proへ充電

実際に試してみたんですが、オレの持ってるiPad Pro(11インチ・第1世代)から充電できました。

シリコーン製イヤーチップ(AirPods Pro)
シリコーン製イヤーチップ

シリコーン製イヤーチップは3サイズが同梱されてるのでお好みで選べます。

外観

Wireless Charging Case(充電ケース)

AirPods Pro、Wireless  Charging  Case(充電ケース)表

AirPodsでは内側にあったLEDが、AirPods Proでは外側になりました。

AirPodsと比べると高さと厚さがちょっと減った代わりに横幅が増え、重量も少し増えた(5g)感じです。

AirPods Pro、Wireless  Charging  Case(充電ケース)裏

裏にはペアリングに使うボタン。

Qi規格の充電器に対応してるので、こちら側を下にして置けばワイヤレス充電をすることができます。

AirPods Pro、Wireless  Charging  Case(充電ケース)下

下には充電用のLightningコネクタ

それにしても…

Wireless  Charging  Case(充電ケース)の大きさ

相変わらずちっさいなあ。

指でつまんでみると、その小ささにあらためてびっくりします。

そしてやっぱ光沢のある白のデザインがすごくキレイ。

まぁ…白いゆえに埃などが目立つという欠点もあるけれど、「うちの子を大事に使ってね」というAppleからのメッセージなのかなと思ったりする今日この頃です。

ミクジン
ミクジン

大事にしなきゃ

AirPods Pro(イヤホン)

収納されたAirPods Pro(イヤホン)上
収納されたAirPods Pro(イヤホン)正面
正面

イヤホンはこんな感じで収納されてます。

さっそく取り出してみましょう…と思ったらツルツル滑るので、掴むところにはコツがいるかもです。

AirPods Pro(イヤホン)表
ミクジン
ミクジン

かっこいい…

ヒョロ長かったAirPodsと違い、イヤーチップも付いて見た目がかっこよくなった気がします。

幅や厚さはちょびっと増えたものの、高さが10mm近く減ったみたいですね。

こりゃあもううどんと呼ばれなくて済むかもしれないぞ!

ちなみに重量は約1gほど増えて5.4gになりましたが…正直違いが分からないぐらい軽いです。

AirPods Pro(イヤホン)裏

裏を見てみるとくぼみがありました。

これは耳に付けた時前にくる部分なのですが、再生・停止などの操作をするための部分みたいです。

ふむふむ、それではいよいよ…

ミクジン
ミクジン

使ってみますか

AirPods Proを使ってみる

ペアリング

AirPods Proペアリング

オレはiPhone Xを使ってるのですが、相変わらず接続はめちゃくちゃ簡単です。

BluetoothをONにしたiPhoneの近くでフタを開けるだけってのがすごくありがたい。

AirPods Pro操作ガイド
AirPods Pro操作ガイド

1タップでペアリングが終わるとすぐに操作ガイドが出てきました。

ふむふむなるほど。

この押すと言ってる部分がさっき見たくぼみのことですね。

そんじゃ装着してみますか!

装着してみたら..停電みたいだった

AirPods Proを装着
※画像はイメージです

どれどれ…

AirPods Proを初めて装着した時のイメージ
※画像はイメージです

!?

耳に付けた瞬間、まるで停電になった時みたいに音が消え、一瞬体が固まりました。

まったく音が聞こえないわけではないのですが、外部の音がびびるくらい小さくなり、突然外界から切り離されたかのような、体験したことのない感覚になりました。

初めて付けたらびっくりしますよこりゃ。

これが噂に聞くノイズキャンセリングの実力か!

ミクジン
ミクジン

すげえなこれ…

耳に付けてみた感じ、イヤーチップのおかげで柔らかくて圧迫感もなく、それでいて多少頭を振っても全然落ちる気はしませんでした。

ナイスな付け心地です。

AirPodsで一番気になっていた、すぐに耳から外れそうな気配はまったくありません。

ミクジン
ミクジン

あああ…いい

操作してみる

イヤホンを装着中、くぼみを押したりすることで操作ができるみたいですね。

デフォルトでは以下の操作ができるようです。

  • 1回:再生・停止・電話に対応
  • 2回:次の曲にスキップ
  • 3回:前の曲にスキップ
  • 長押し:ノイズキャンセリングと外部音取り込みモードを切り替え
  • 「hey Siri」と話す:Siriを呼び出して曲の再生・電話の発信などの操作が可能

『外部音取り込みモード』

試しにくぼみを長押しして『外部音取り込みモード』に切り替えてみました。

※画像はイメージです

あああ、帰ってきた…

ピコーンという音とともに、いつもの日常の音が帰ってきました。

あらためてこんなに違うのかとびっくり。

それにしてもただのくぼみなのに、押すと耳元で「カチッ」と音がするのがすごい不思議です。

どうなってんだこれ。

Siriを呼んでみる

イヤホンマイクの性能を確かめるため、離れた場所にスマホを置いて小声で「hey Siri」と呼んでみました。

AirPods Pro 離れた場所から小声でSiriを呼んでみる

「聞いていますよ、どうぞ」

ミクジン
ミクジン

こわっ!

Siriさんそんなとこからでも聞いてるの?

じゃあもっと小声ならどうなのかな。

「hey Siri」

「聞いていますよ、どうぞ」

ミクジン
ミクジン

うそ!?

あ…ごめんなさい

まさかあんな小声でも反応するなんてすごいですね。

これなら通話も快適にできそうです。

音楽を聴いてみる

AirPods Proの一番の楽しみ、音楽を聴いてみました。

※画像はイメージです

あああ…ふむ、ほほう。

音質の仕様などの難しいことは分からないですが、ノイズキャンセリングがあるおかげでAirPodsよりもクリアに聴こえるようになった気がします。

これだと音量を低めにしてもちゃんと聴こえるので、耳に優しいイヤホンだなあと感じました。

ちなみに外で聴いてもそんなに室内と変わりなく聴こえるので、よけいな音が抑えられ、聴く環境にあまり左右されずに聴けるというのが大きな特徴かなと思います。

使ってみた感想

AirPods Proで一番驚いたのはやはりノイズキャンセリングでした。

オレはブログを書くので、作業中に音楽を聴くのはもちろん、ノイズキャンセリングだけの状態にして静かな空間にしたい時にも使えるなあと思いました。

これならどこに行っても人がいるごちゃごちゃした都市部でも、『ひとりの時間』みたいなものを過ごせる気がします。

出典:Apple AirPods Proのページ

Appleのページには『こんな魔法、聞いたことがない』とありますが、AirPods Proにかけらているのはきっと、優しい魔法なんだと思います。

情報が溢れかえる昨今、勝手に入ってくるものの多さや日々の生活に疲れた時、たまにひとりになりたい時もあります。

そんな時はAirPods Proで、静かな世界に行って休憩するのも悪くないかもしれませんね。

そんなことを思いました。

まとめ

最後に、AirPods Proよかったところ・ちょっとアレだったところなどをまとめておきたいと思います。

よかったところ

  • イヤーチップのおかげで耳から外れにくくなった
  • ノイズキャンセリングが予想以上
  • イヤホンのマイクの性能がいい
  • 充電時間が短い(5分の充電で1時間くらいは聴ける)

ちょっとアレなところ

  • ケースからイヤホンを取り出す時、ツルツルなのでちょっと出しづらい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。