【サクッとレビュー】『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』磁石でくっつく10,000mAhのスタンド搭載モバイルバッテリー

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

iPhone12以降のシリーズを使っていると欲しくなっちまうのがマグネット式ワイヤレスモバイルバッテリーですが…。

ミクジン
ミクジン

あからさまに良さげなものを見つけたので買ってみました

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)

特徴はこんな感じ

  • マグネット式ワイヤレス充電でくっつけただけで充電開始
  • ワイヤレス充電はiPhone以外にも使用可能
  • マグネットが強力
  • 出力は3つ(ワイヤレス・USB-A・USB-C)
  • バッテリー容量は10,000mAh
  • 3つの充電を同時にできる
  • スタンド付き
  • パススルー充電が可能(ワイヤレスのみ)
  • マグネット式ワイヤレス充電はiPhone12以降のみ

先に結論を言ってしまうと…。

ミクジン
ミクジン

コンパクトで大容量で多機能なので、こいつは買って大正解だと思いました

そんなわけで、この記事では『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』をできるだけサクッとレビューしていきます。

ミクジン
ミクジン

そんじゃスタート!

『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』のスペック

製品名▶︎Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)
サイズ約107 x 66 x 18 mm
重さ約218g
バッテリー容量10,000mAh
出力ポート数3(ワイヤレス・USB-A・USB-C)
入力ポート数1(USB-C)
USB-A出力最大18W(5V = 3A / 9V = 2A)
USB-C出力最大20W(5V = 3A / 9V=2.22A)
ワイヤレス出力最大7.5W
合計出力合計最大18W
USB-C入力最大20W(5V = 3A / 9V = 2.22A)

『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』をサクッとレビュー!

マグネット式ワイヤレス充電でくっつけただけで充電開始

iPhone12 Pro MAXに装着したところ

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)はマグネット内蔵なので、写真のようにiPhoneの背面にくっつき、くっつけただけで充電がスタートするという簡単仕様です。

ミクジン
ミクジン

マグネット式ワイヤレス充電はほんと便利ですね

バッテリー本体の重さは約218g。

実際に持ってみるとそれなりの重さはありますが、コンパクトなのでバッグやポケットにも入れやすくて便利でした。

しかし2つほど気になる部分が。

写真ではiPhone12 Pro MAX(6.7インチ)に付けてますが、iPhoneがこれより小さいサイズだと、バッテリーがiPhone本体よりもちょっとだけ下にはみ出すみたいです。

ミクジン
ミクジン

メーカーの説明によると「機能には影響なし」とのことですが、ちょっと気になる人はいるかも

そしてもうひとつは、充電中にバッテリー本体があったかくなることがあったこと。

熱いほどではないんですが、「冬だったらあったかそう」くらいの温もりがある感じですね。

ミクジン
ミクジン

これもメーカーの説明によると「通常の仕様です」とのことでした

ワイヤレス充電はiPhone以外にも使用可能

AirPods Proも充電可能

ワイヤレス充電部はiPhone以外にも、Qi対応のスマホ・ワイヤレスイヤホンなども充電することが可能です。

ミクジン
ミクジン

ただ、マグネットでくっつくのはiPhone12以降のみになります

ぶっちゃけこれを知ったのは買ってからだったんですが、鬼のように使ってるAirPods Proが充電できるのはかなり嬉しいです。

ちなみに…

AirPods Proの場合、置くだけで充電が開始される仕様になっていました。

ミクジン
ミクジン

他の機器でもそうなのかは分かりませんが、これは便利ですね

マグネットが強力

試しに振ってみた

マグネットは思いのほか強力で、こんだけ振っても外れるどころか、ずれることすらありませんでした。

オレはウォーキングが趣味なのですが…

ミクジン
ミクジン

ポッケに入れて充電しながら歩いてもまったく外れませんでした

出力は3つ(ワイヤレス・USB-A・USB-C)

ワイヤレス充電部
USB-A
USB-C

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)で出力(他の機器を充電)できるのは写真の3ヶ所で、入力(バッテリー本体を充電)できるのはUSB-Cとなってます。

ワイヤレスだけじゃなく有線(USB-A・USB-C)での充電もできるので、普通のコンパクトなモバイルバッテリーとしても使えて便利。

ミクジン
ミクジン

おかげでいろんな物が充電できます

ちなみに、各ポートを単独で出力に使用した時の充電の早さは以下の通りとなってます。

  • ワイヤレス:最大7.5W(マグネット式ワイヤレスにしては早い方)
  • USB-A:最大18W(結構早い)
  • USB-C:最大20W(早い)

バッテリー容量は10,000mAh

横から見るとこんな感じ

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)のバッテリーは10,000mAhと大容量で、iPhone12/13シリーズなら約2回の充電が可能です。

ミクジン
ミクジン

持ち歩いて使うことを考えると、このくらいの容量があってコンパクトなのは助かります

3つの充電を同時にできる

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)はワイヤレス・USB-A・USB-Cを使って3つの機器を同時に充電することができます。

ただ、複数の機器を同時に充電した時の早さは合計で最大18Wになるので、単独で充電した時よりも充電時間は遅くなります。

ミクジン
ミクジン

早く充電したい時は単独で使うのが良さそうですね

スタンド付きで縦置き・横置きが可能

縦置きにしてもスマホが下に付かない仕様

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)には折り畳み式のスタンドが付いていて、縦置き・横置きどちらにも対応してます。

オレはウォーキング中に立ち寄ったお店でご飯を食べながらネットの記事を読んだり、自分のブログ記事をチェックしたりすることが多く、縦置きがすごく気に入ってます。

ミクジン
ミクジン

横置きも動画を見る時に便利です

パススルー充電が可能

ワイヤレス充電のみにはなりますが、Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)パススルー充電(バッテリー本体を充電しながら機器を充電)が可能になってます。

バッテリー本体を充電するUSB-Cが本体横に付いてるので、写真のようにスタンドを立てながら充電できていい感じです。

ミクジン
ミクジン

外ではモバイルバッテリー、家では卓上充電器として使うのもいいですね

『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』がおすすめな場面

Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)は家で使ってもかなり便利ですが、コンパクトなうえにiPhoneにくっつけたまま充電できるし、バッテリーも大容量なので、特に外出した時に重宝します。

オレの場合は大好きなウォーキングに行く時、これがないと詰むくらい助かってます。

ミクジン
ミクジン

DQウォークをやってるので、iPhoneのバッテリー消費が激しいんです…

『Anker 633 Magnetic Battery(MagGo)』のまとめ

よかったところ

  • バッテリー容量が10,000mAh
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • くっつけただけで充電開始
  • マグネットが強力
  • ワイヤレス充電はiPhone以外にも使える
  • 3つの機器を同時に充電できる
  • 縦置き・横置きできるスタンドが便利
  • パススルー充電が可能

う〜んなところ

  • ちょっとだけ重い
  • 充電中に本体があったかくなることがある
  • マグネット式ワイヤレス充電はiPhone12以降のみ
ミクジン
ミクジン

コンパクトで大容量で多機能なので、こいつは買って大正解です

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。