YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

ファミコン『双截龍(ダブルドラゴン)』の遊び方【Switchオンライン】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

Nintendo Switchオンラインに加入すると、いろんなファミコンが遊べるソフト『ファミリーコンピュータ』で遊べるようになります。

その中から今回は『双截龍(ダブルドラゴン)』というゲームの遊び方などを調べてみました。

どんなゲーム?

『双截龍(ダブルドラゴン)』

このゲームは1988年にテクノスジャパンから『熱血硬派くにおくん』の正当後継作として発売された、ベルトスクロールアクションゲーム。

功夫の道場を営むビリーが、暴力組織『ブラック・ウォリアーズ』に誘拐された恋人のマリアンを助けるために戦うというストーリーです。

『双截龍(ダブルドラゴン)』
『双截龍(ダブルドラゴン)』

ゲームスタート時にいきなりリバーブローをくらってさらわれる恋人…。

暴力組織、暴力しすぎ。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

「やったの俺じゃねえええええ」

ビリーに蹴られる敵の表情がステキすぎる。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

このゲームではレベル制が導入されており、主に攻撃が敵に当たった時に経験値が入り、999を超えると主人公がレベルアップします。

そしてレベルが上がると使えるアクションが増えるという仕様のようです。

そうだったんだ…。

子供の頃めちゃくちゃやったのにまったく気付かなかったぜ!

各画面の操作方法など

タイトル画面

『双截龍(ダブルドラゴン)』

タイトル画面で一ボタンを押すとモード選択画面になります。

『双截龍(ダブルドラゴン)』
  • MODE A 1PLAYER:1人でストーリーモードを遊びます。
  • MODE A 2PLAYER:2人でコントローラー2つを使って交互にストーリーモードを遊びます。2人同時プレイは残念ながらできません。
  • MODE B 1PLAYER:1人で対戦モードで遊びます。
  • MODE B 2PLAYER:2人でコントローラー2つを使って対戦モードで遊びます。

ストーリーモード(MODE A)

『双截龍(ダブルドラゴン)』

ストーリーモードでは、次々と現れる敵を倒しながら右方向に進んで行きます。

基本的に一度画面が移動すると左側には戻ることができない仕様です。

敵をすべて倒さないと進めない場所が多くあるので、とにかく敵を倒しまくるというのがゲームの進め方です。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

基本パンチやキックなどの肉弾戦ですが、落ちているアイテムを拾って武器として使うこともできます。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

しかし悪い顔だな主人公。

ここだけ見るとどっちが悪役か分からぬ…。

画面真ん中下のP-◯となっているのが残機数で、0の状態でやられるとゲームオーバーになります。

基本的な操作方法

十字キー移動
Aボタンパンチ・アイテムを拾う・アイテムを使う
Bボタンキック
A+Bジャンプ
+ボタンポーズ

レベルアップ

『双截龍(ダブルドラゴン)』

ストーリーモードではレベルがあり、写真のハートの数が現在のレベル、ハートの左側の数字が現在の経験値を表しています。

経験値は敵に攻撃を当てると増え、999を超えるとレベルがアップして新たな技を使えるようになります。

攻撃による経験値と、レベルアップで使えるようになる技の一覧

アイテムを使わない技

レベル技名操作攻撃力経験値
1パンチA120
1キックB215
1ヘッドバッド←→どちらかを2回212
2アッパーカット敵かがみ中にA210
2回し蹴り敵かがみ中にB210
3飛び蹴りA+B212
4髪づかみキック敵かがみ中に近づき髪をつかんでB20
4背負い投げ敵かがみ中に近づき髪をつかんでA40
5腰かけパンチ敵ダウン中に近づき↓腰かけてA20
6肘うち敵が背後にいる状態でA83
7旋風脚敵かがみ中にB80

アイテム使用時

アイテム攻撃力経験値
バット330
ムチ330
ドラム缶50
ダンボール50
岩石50
ナイフ280
ダイナマイト280

ダンボールの攻撃力…。

まさかダンボールが岩石ドラム缶と同じ攻撃力だとは思いませんでした…強すぎ。

ちなみにアイテムはレベルによって覚える技は特にないみたいです。

対戦モード(MODE B)

『双截龍(ダブルドラゴン)』

対戦モードでは、1PLAYERならコンピュータと、2PLAYERなら2人で対戦して遊ぶことができます。

ただし、どちらにせよ同キャラクターのみの対戦しかできないみたいなので、1P側が選んだ操作キャラクターが対戦相手になります。

なぜだ。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

絵がちょっとリアルに。

基本的な操作はストーリーモードと同じ。

対戦は1回戦のみで、先に相手の体力をすべて削れば勝ちになります。

遊んでみた感じ、キャラクターによる技の違いもあるみたいですが、操作方法の情報が見つからなかったので、そのうち見つけたら追記したいと思います。

おまけ『見てるだけで楽しいナイスなキャラたちの表情ダイジェスト』

操作方法は単純ですが、何気にいろいろな技が出せてとても楽しいゲームです。

そして何より表情豊かなキャラクターたちに、子供の頃はゲラゲラ笑いながらプレイした記憶があります。

なので最後は、オレのお気に入りの場面をダイジェストで紹介したいと思います。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

「それ以上は無理でええす!!」

と言ってそうな主人公。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

「ほらこうなったあああ!!」

後悔する暴力組織の人。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

「帰りたい」

本音が飛び出す主人公。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

「おやすみマン」

崩れる主人公。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

ゴツい。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

なんのゲームだこれ…。

『双截龍(ダブルドラゴン)』

プロレスゲームだっけ…?

ちょっとだけ紹介してみましたが、まだまだ楽しい表情を見せるキャラが登場します。

それを見るためにプレイするのもまた、このゲームの楽しさかもしれません。

…オレだけだったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。