YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

【青森県】本州最北端の町、大間。行ってみたらマグロ愛がすごかった

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

青森県の大間町に行ってきました。

さほどグルメでもないオレでも知っているほど大間町はマグロで有名な町で、黒いダイヤと言われるマグロが水揚げされる町。

実際に行ってみたらこの町がとても好きになったので、見てきた感想などを書いてみたいと思います。

本州最北端の町『大間町』

オレはマグロで有名なことしか知らなかったんですが、この町は本州最北端の町でもあるんですね。

大間崎の石碑

本州最北端の大間崎には『本州最北端の地』という石碑があります。

この場所から北に約20キロの海(津軽海峡)の向こうに北海道があるそうな。

正直に言うと、オレが大間町に行った目的というのが実は「本州最北端に行って北海道の大地を見てみたい」という理由でした。

ミクジン
ミクジン

まさかそこがマグロの町だったとは…

ぶっちゃけ現地に着くまでマグロの町、大間町だと気付かなかったのは内緒です。

大間崎からみた北海道

あいにくの曇り空でしたが、大間崎からは北海道の大地を見ることができました。

晴れてたらもっとキレイに見えたんだろうなぁ。

うっすらとしか見えませんでしたが、まだ行ったことのない北海道が海の向こうに見えるのはすごく不思議な気持ちになりました。

大間町『本州・北海道連絡橋』の説明看板

大間崎から北海道までを橋で繋ぐ計画があったことを知りました。

実現は難しく、現在計画は進んでいないみたいですが、もし実現すれば世界一長い吊り橋になっていたみたいです。

大間まぐろ

大間崎にあるモニュメント
大間崎にあるモニュメント

黒いダイヤといわれるクロマグロを通称「本マグロ」と言うそうですが、津軽海峡で水揚げされる本マグロの中でも、大間町で水揚げされたマグロは「大間まぐろ」というブランドで全国に知られています。

漁法は昼間は一本釣り漁、夜間は延縄漁が行われているそうです。

一本釣りはオレもテレビで何度か見たことがあります。

ミクジン
ミクジン

有名な漁法ですよね

マグロ一本一本の価値を最大限に高め、資源保護にも繋がる漁法だそうですが、「大間まぐろ」にはとんでもない値段がつけられたことがあるそうです。

それがなんと、

ミクジン
ミクジン

一匹、1億5540万円

これには正直びびりました。

いや、ちびりました。

マグロ一匹でまさかの億超えとは…。

黒いダイヤと言われるのも納得ですねこりゃ。

昔はマグロ、流通していなかった

現在ではマグロといえば大間、「大間マグロ」というブランドがあるくらいマグロで有名な町ですが、かつて地元ではマグロは全く流通してなかったそうです。

それが2000年に放送されたNHKの連続テレビ小説『私の青空』が放送されたことがきっかけで、全国に知れ渡ることになったんだとか。

2000年頃まで有名じゃなかったとは知りませんでした…結構最近ですよね、これは意外。

それにしても『私の青空』といえば、女優の田畑智子さんが大間のマグロ漁師の娘を演じていたドラマじゃないですか…。

ミクジン
ミクジン

オレ、めちゃくちゃ好きで見てたやつじゃないですか!

ミクジン
ミクジン

オレ、あれ見て田畑智子さん好きになったんじゃないですか!

ミクジン
ミクジン

そして田畑智子さんがオレの中の理想の女性No. 1になったドラマじゃないですか!

ミクジン
ミクジン

応援してます田畑智子さん!

ミクジン
ミクジン

なずなぁああああああ!

…この情報が1番興奮したのは内緒です。

大間町『私の青空』ロケMAP
ミクジン
ミクジン

あああああああ!

大間崎にはドラマのロケ地となった場所の紹介MAPがありました。

次に来る時は事前にドラマをガッツリ見なおして、ドラマのロケ地巡りも興奮しながらやりたいと思いますウフフフフ。

大間のマグロアイテムがすごい

大間町『浜乃屋』さん

本州最北端のみやげ屋さんに寄ってみたら、いろいろとすごい商品がありました。

ここは芸能人もたくさん訪れてるみたいですね。

おもしろかった商品もいろいろあったので、オレが気になったものを少しだけ紹介したいと思います。

キーホルダーたち

まぐろキーホルダー
まぐろキーホルダー

お腹を押すと目が飛び出ます。

マグロ女子キーホルダー

マグロ女子のお腹にお猿さんが突入しているキーホルダー…なぜっ!?

大間のマグロキーホルダー

………………。

大間のマグロだそうです。

大間のまぐろ寝袋

出典:大間観光土産センター

インパクトがすごくて見た瞬間に笑いました。

これに入ればマグロ気分です。

2WAYバッグ

出典:大間観光土産センター

リュックにもショルダーにも使えるバッグ。

マグロ女子の名前がツナちゃんて知った時、愛しさが倍くらいになりました。

マグロティッシュカバー

出典:大間観光土産センター

ティッシュカバー。

頭にかぶることもできるので、これをかぶって大間崎のマグロモニュメントの前で記念撮影…をひとりでする勇気が欲しいです。

まぐの手

出典:大間観光土産センター

手じゃなくて尻尾だろ…と言いたくなるけど、まぐがかわいいので言うのをやめた商品。

大間の漁師 山本さんグッズ

出典:大間観光土産センター

大間ではマグロだけでなく、なんと漁師さんグッズも売っています。

正直かっこいいです。

最後に

大間町は本州最北端にして、マグロをこよなく愛する町でした。

マグロといえば大間!

ってなるのも納得のマグロ愛です。

そして漁師さんのアピール具合もすごく印象に残った町でもありました。

大間町。自販機の横に貼ってある漁師さんのポスター
自販機の横に貼ってある漁師さんのポスター

マグロ一本一本の価値を最大限に高めるという漁法、愛するマグロだけでなく漁師さん自らみやげになったりしてアピールするプロ根性など、マグロや自然などへの感謝の気持ちのある、いい町だなぁと感じました。

ミクジン
ミクジン

大間大好きっ!

大好きな『私の青空』のロケ地でもあるし、必ずまた来たいと思います。

…ところで書いたあとで気付いたんですが、大間に行ったのになぜか肝心のマグロ料理を食べてなかったんですよね…。

ミクジン
ミクジン

バカなのかオレは…

次こそは食べたいと思いますトホホ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。