【マリオラビッツギャラクシー】バトルの基本的なルールなどの覚書き【Switch】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

ふふふ、ついに買いましたよ。

このゲームは戦略性の高いバトルが特徴の、シミュレーションRPGです。

ここでは、「バトルの基本的なルール」などについて書いていきます。

ミクジン
ミクジン

なぜなら…

覚えられないからさ!

自分のメモ代わりに使えるブログってやつは、ほんと便利。

というわけでスタート!

お願い

この記事はまだそんなに進んでいない状態で書いています。何か足りない部分、間違っている箇所があれば教えてください。速攻修正して参考にさせていただきます。

スポンサーリンク

バトル開始は基本的に「シンボルエンカウント」

マリオラビッツギャラクシーバトルはフィールドを自由に動けますが、基本的にバトル開始は、シンボルエンカウントになっています。

「シンボルエンカウント」とは?

フィールド上にあらかじめ敵の姿が見えており、プレイヤーが接触することによりバトルが始まる形式

敵はフィールド上をうろついていたり、行く手をふさいでいたり、様々な場所に登場します。

ミクジン
ミクジン

バトル回数は結構多め

敵の強さは、頭の上に出ているアイコンの色や数字で分かります。

敵シンボルにスライディングできる…けど?

敵シンボルに近づくと「A:スライディング」と表示され、押すと敵にスライディング攻撃をして戦闘に突入

逆にスライディングをしないと、敵の突進を喰らって戦闘に突入します。

これを聞くと、

スライディングを当てて戦闘に入れば、バトルが「有利」に。

もしくは、敵の突進を喰らって戦闘に入ると、バトルが「不利」になるのでは?

という疑問が出ると思いますが…。

スライディングしてもしなくても、バトル時に変化は見つけられませんでした。

何度試しても、ネットで調べても分からず、スライディングを当てる意味は分からないままです。

ミクジン
ミクジン

誰か知ってる方がいたら教えてください

バトルに突入しても簡単に「探索」に戻れる

バトルに突入しても、+ボタンからメニューを開き「探索にもどる」を選ぶと、エンカウント前に戻ることができます。

ミクジン
ミクジン

ドラクエの「逃げる」みたいな感じですね

また、「最初からやりなおす」を選ぶと、エンカウントしたあとの、最初の状態からやり直すことも可能です。

ちなみに、エンカウント前に戻って同じ敵シンボルに触ると、敵と味方の初期位置や地形が変わるようです。

エンカウントするたびに初期位置や地形が変わる

1回目のエンカウント時
2回目のエンカウント時

同じ敵シンボルでも、エンカウントするたびに敵と仲間の初期位置や地形が変わるので、難しい時はエンカウントし直すのもいいかもです。

スポンサーリンク

「バトル」の開始時について

バトルに突入すると、最初の画面で以下のことができます。

  • フィールド、敵、味方の情報を見る
  • バトルの設定(難易度など)を変更する
  • チームメニューで編成などができる
  • 仲間のHPを回復する
  • 「探索」に戻る

また、画面左上には「勝利条件」が表示され、条件を満たすことでクリアとなります。

逆に、バトルに参加している仲間のHPが全員0になると、ゲームオーバー(例外あり)。

「A:バトルスタート」すると、いよいよバトル開始です。

スポンサーリンク

「プレイヤーターン」と「エネミーターン」

バトルはターン制になっており、仲間全員の行動が終われば「エネミーターン」へ。

敵全員の行動が終われば「プレイヤーターン」へ…という感じで、交互に進んでいきます。

キャラ一人の行動が終了する条件

何もできなくなった状態

「キャラ一人の行動が終了する条件」は動き方によって様々で、ちょっとややこしいんですが、確実に言えるのはこんな時です。

  • 移動できなくなり、「アクションポイント」もなくなった時

なぜややこしいのかは、「移動について」の項目を見てもらえば分かるかと思います。

「アクションポイント」について

赤枠内がアクションポイント」

各キャラには「アクションポイント」が設定されており、これを消費しないとできない行動があります。

それがアクションポイントの上に表示されている、4つのボタンに割り振られた行動です。

アクションポイントを消費する行動
  • ブキ:ZL
  • スパークス:L
  • スペシャルスキル:ZR
  • アイテム:X

これらは各一回ずつ使用でき、アクションポイントを消費します。

これ以外の行動は、「アクションポイントを消費しない行動」になります。

「移動」について

重要:ブキを使うまでは「移動」し放題!

白枠が移動できる範囲

「移動」についてですが、これはこのゲームでもっとも重要なルールだと思います。

まず、ルールはこんな感じです。

「移動」のルール
  • 「アクションポイント」を消費しない
  • 白枠内が移動できる範囲
  • 範囲内であれば、「ブキ:ZL」での攻撃が終わるまで自由に動き回れる

最初にこれを聞いて「ブキを使うまで移動は自由なんだ」と思ったんですが、そうじゃありませんでした。

ミクジン
ミクジン

自由なのは移動だけじゃなかったんです

例えば…。

  1. 「スライディングで攻撃」
  2. 「アイテムで攻撃」
  3. 「スペシャルスキル発動」
  4. 「チームジャンプで移動」
  5. 「敵を拾って投げる」

赤文字は「アクションポイント」を使う行動

ミクジン
ミクジン

実際には「移動」以外もいろいろやれちゃってます

これはつまり…

「ブキ(ZL)での攻撃が終わるまで自由に動き回れる」というのは、「ブキを使うまで移動が自由」なだけでなく、

「アクションポイント」を使う行動、使わない行動を好きなタイミング、好きな場所(移動可能範囲内)でやり放題

ってことなんです。

ミクジン
ミクジン

こんなに動けたら選択肢の数がヤバいっす

動画ではアクションポイントが足りないため、もう「ブキ:ZL」での攻撃はできませんが…。

まだブキでの攻撃は終わっていないため、移動や、「アクションポイントを消費しない行動」はし放題。

ミクジン
ミクジン

まだ行動が可能です

さらに。

これに加えて「プレイヤーターンなら行動するキャラをいつでも交代可能」なので、さらに選択肢が増えます。

プレイヤーターンなら行動するキャラをいつでも交代可能

「プレイヤーターン」内であれば、行動するキャラをいつでも簡単に交代できます。

なので「誰がどの順番で動き、どう行動するか」はかなり自由になってます。

「アクションポイント」を消費する行動

「ブキ:ZL」

赤枠が攻撃可能範囲

「ブキ:ZL」を使うと、各キャラが装備したブキで、攻撃可能範囲内の敵を攻撃できます。

キャラごとに性能や弾道などが違うんですが、基本的なルールは以下の通りです。

ブキの基本ルール
  • 「アクションポイント」を消費する
  • 敵がブロックに隠れておらず、途中にブロックがなければ100%命中
  • 敵がブロック・ハーフブロックに隠れていると命中率が下がる
  • 基本、2発当てるとブロックを壊せる
  • 使用後は移動できなくなる

また、このルールは基本的に、敵から攻撃を受ける際も同じになります。

「ブロック」と「ハーフブロック」

敵がブロックやハーフブロックに隠れている場合、命中率が下がります。

  • ブロック:0%
  • ハーフブロック:50%

この状態で攻撃して敵に当たらなかった場合、ブロックに当たります。

ミクジン
ミクジン

ブロックは基本、2発当てると破壊することが可能です

この時、ブロックならハーフブロックになり、ハーフブロックなら完全に破壊されます。

敵が隠れていない場合、ハーフブロックなら当たる

敵がブロックに隠れていなくても、敵との間にブロックがあれば命中率は0%になりますが…。

敵との間にあるのがハーフブロックなら、100%で当たります。

「スパークス:L」

「スパークス:L」を使うと、各キャラがオトモにしているスパークスのサポート能力が発動します。

スパークスのルール
  • 「アクションポイント」を消費する
  • オトモにしているスパークスによって能力が違う

「スペシャルスキル:ZR」

「スペシャルスキル:ZR」を使うと、各キャラに設定された独自の能力が発動します。

スペシャルスキルのルール
  • 「アクションポイント」を消費する
  • 1回使うと数ターン使えなくなる

「アイテム:X」

「アイテム:X」を使うことができます。

アイテムのルール
  • アクションポイントを消費する

「アクションポイント」を使用しない行動

ミクジン
ミクジン

ここでは「移動」以外のものについて載せておきます

「チームジャンプ」

仲間と協力して「チームジャンプ」を使うと、進める距離を伸ばすことができます。

敵から距離を取ったり、隠れている敵の背後に移動したり、歩いて進めない場所を飛び越える…なんてことも可能です。

「チームジャンプ」を使える回数
飛べる時間を表すメーター
チームジャンプのルール
  • 「アクションポイント」を消費しない
  • 「使える回数」が決まっている
  • 飛べる時間はビーポのメーターがなくなるまで

「スライディング」と「投げる」

「スライディング」をすると、敵にダメージを与えたり、転ばせたりできます。

転んだ敵は拾って「投げる」ことができ、敵に当ててダメージを与えたりすることもできます。

「スライディング」できる回数
「スライディング」と「投げる」
  • 「アクションポイント」を消費しない
  • 「スライディング」はできる回数が決まっている
  • 「投げる」は転んでいる敵がいれば、何回でも使える

よかったら日記もご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)