【Switch版スカイリム日記】リフテン『湿ったスピリッツ』②クリアはしたけどサビョルンかわいそう【#14】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

てきとうな前回のあらすじ

メイビンの依頼をこなすため、バナード・メアを訪れたトカゲ。そこで待ち受けていたのは、詰め込み過ぎの吟遊詩人白状させる気満々の兜の人だった。

【Switch版スカイリム日記】リフテン『湿ったスピリッツ』①サビョルンと話すまで【#13】

それでは続きをやっていきます。

※ブログ内の画像や動画にかなりグロテスクな表現が含まれている場合があります。

巣に毒を振りかける

サビョルンのいた隣の部屋から地下室へ。

樽はどこじゃーい。

え…?

中に入ると向こうからスキーヴァーが。

生きてるやついるんかい!

ケチョンケチョンにしてやるぜ!

ひぃいいいいい!

意外に攻撃力が高く、なすすべもなくやられてしまう隠密トカゲ。

隠密に慣れすぎて、正面から戦うのが苦手になったのかな…。

スキーヴァーめ…いや、

あのスキッ歯どもがぁあああ

なめんなぁぁあああ

再開後はおもっくそ物陰から攻撃。

正面から戦うのは性分ではない。

ふはははははは!

このスキッ歯がっ!

ネズミよりトカゲのが強ぇんだよ。

…さて、先へ進むか。

うわっ汚ねぇ…。

進んでいくと、板張りのところから洞窟っぽい汚いところへ道が続いていく。

道中はスキッ歯が出てきたり、クモが出てきたりと本当に大忙し。

なんなのここは。

正直、何回か死んだのは内緒です。

地下へずんずん進んでいくと、遠くの方にスキーヴァーが数体と人影が見えました。

なんで仲良く一緒にいるんだよあいつら…。

敵は害獣だけじゃないのか?

とりあえず近付いてみます。

ククククク

人影が敵か味方かよく分からないけど、とりあえず敵確定のスキッ歯を物陰から次々と暗殺

さてあとは人影をどうするか。

こうするんだよぉおおお!

ふはははははは!

スキッ歯と一緒にいるってことは敵だ!

トカゲ、容赦しないっ!

さ、進むか。

地図を見てみると、人影を倒したところに巣があるらしいので探してみたらすぐに発見。

これでサビョルンの依頼は達成。

あとは樽にも毒を盛ってギルドの仕事を終わらせるだけです。

サクサクいくぜっ!

ホニングブリューの樽に毒を盛る

巣からさらに先へ進むと、またもや酒樽がたくさん置いてある部屋に到着。

あれ、目的の樽を早くも発見しそう。

隣の部屋に行くと階段を発見。

2階に長椅子があったのでひと休みしていたら、なんと正面に目的の樽を発見しました。

そこにあったんかい。

無事に樽に毒を盛って任務完了。

ふぅ、害獣の数がすごくて大変な任務でした。

それではサビョルンのところへ戻りますか。

サビョルンのところに戻る

あれ?

サビョルンのところへ戻ってみると、何やら人が増えている様子。

なんだ樽に毒を盛ってサビョルンを陥れようとしているマラス・マッキウスさんじゃないすか。

なぜここに?

おおおおおおい!

こんな近くでそんなこと言ったら聞こえちゃうよサビョルンに!

ほら見てるよサビョルン!

だめだよおっきい声で悪いこと言っちゃ!

マラスこわいわ〜。

あいつこそスキーヴァーだよまったく。

ドキドキしながらサビョルンに話しかけると、「今隊長きてるから、隊長が去ったら報酬を払うよ」と言われました。

どうやらオレも試飲会に参加しなきゃならないみたいですよこれ…。

試飲会に参加する

さぁ始まりました試飲会。

カイウス指揮官とやらが飲んでみるようです。

薄毛でらっしゃる…。

カイウス指揮官の頭を見て、なぜか不安を覚えるオレ。

今のところ大丈夫だけど、いつまで大丈夫なのかな…こわいっ。

ひとくち飲むなり文句を言い出すカイウス。

入ってますけど…どうなるカイウス!?

おかしい…

激怒はするけど身体に異常がないカイウス。

いや…頭皮が異常といえば異常だが…。

ただ味が不味かっただけなのか!?

毒がきかないのかカイウス!

怒りのあまり、剣を抜いてサビョルンにドラゴンズリーチ(牢屋)へ行けと言い出すカイウス。

もうあかん…終わりやサビョルン。

さよならサビョルン。

しかしはどこいったんだカイウス!

…髪の毛どこいったんだカイウゥウウウス!

ふぅ、なんか興奮した。

でも結局、なんやかんやでサビョルンを陥れる作戦は成功。

予定通りこの場所はマラス・マッキウスが引き継ぐことになるみたいです。

あとはサビョルンの化粧台から、『サビョルンの寡黙なパートナー』とやらは誰なのかが分かる書類を探してメイビンに報告すれば終わりのはず。

建物の2階にあるサビョルンの化粧台から『約束のメモ』をゲットして任務完了。

さてメイビンのところへ戻るか。

メイビンのところへ戻る

メイビンに報告すると、メモにある小さい紋章だけではサビョルンのパートナーが誰なのかよく分からないとのこと。

メイビンから報酬をもらうも、「とりあえずギルドに知らせてきて」と言われたので、今度はブリニョルフのもとへ行くことに。

なかなかおつかいさせやがるぜ…。

ブリニョルフに話を聞くと、さっきの紋章はゴールデングロウの紋章だったことが判明。

そして誰かがメイビンとギルドの関係にひびを入れようとしているらしいです。

…よく分からん!

でもこれで『湿ったスピリッツ』は終了。

なんかちょっとサビョルンかわいそうだったなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。