YouTube始めました!詳細はこちら

【Switch版スカイリム日記56】クエスト『声の道』①シュールなおじいさんたち

f:id:mikujin2198:20180416091442j:image

寝ぐせのなおらないミクジンです。

前回は初めてドラゴンと戦い、羽があるからって偉そうにしちゃだめだってことを教えてやりました。

前回はこちら↓

www.mikujin2198.com

最初から読みたい方はこちら↓

【Switch版スカイリム日記】予備知識のない人間がスカイリムはじめました – ミクジログ

ドラゴンから得た声の力。

そしてその声の使い方の達人、グレイビアードとは一体どんな人物なのか…。

では続きをやっていきます。

※ブログ内のTwitter動画は再生できます。

初めての仲間

f:id:mikujin2198:20181028212124j:image

「グレイビアードに会っちゃいなよ」

あ、はい分かりました。

f:id:mikujin2198:20181028210653j:image

そんなわけでさっそく地図で見てみると、声の達人グレイビアードはホワイトランから山を挟んで南西の方角にあるイヴァルステッドにいる様子。

ちょっと遠いな。

まだ行ったことがない場所なので高速移動もできないし…う〜ん。

久しぶりにお馬さんに乗ろうかな。

ウフフ。

ルンルン気分でドラゴンズリーチから出ようとすると、突然話しかけてくる人物が。

f:id:mikujin2198:20181028211507j:image

…え?

リディアとかいう美人とおぼしき人物が、オレの私兵として任命されたらしいです。

まじで?

お仕えって…初めての仲間ってこと?

ワクワクしながら「ついて来てくれ」を選択すると…。

f:id:mikujin2198:20181028213137j:image

ウフフフ。

f:id:mikujin2198:20181028213158j:image

おいでおいでおいで。

f:id:mikujin2198:20181028213220j:image

ルールルルルルル。

ほんとに付いてくるリディアさんに、トカゲのテンション爆上げです。

これは心強いだけでなくますます旅も楽しくなりそうですぞゲフフフフ!

それじゃイヴァルステッドへ出発!

イヴァルステッドへ

f:id:mikujin2198:20181028214135j:image

ホワイトランの馬屋にお馬さんがいなかったので、わざわざちょっと遠いリフテンの馬屋からお馬さんに乗るトカゲ。

リディアさんにはちょっと申し訳ないが…どうしてもお馬さんに乗りたかったトカゲの気持ちを察してくださいお願いします。

こうやってなかなか進まないんだよなぁ…。

まぁ…楽しいからいっか。

f:id:mikujin2198:20181028220148j:image

お馬さんさすが速い。

f:id:mikujin2198:20181028220218j:image

ウフフフフ。

f:id:mikujin2198:20181028220246j:image

ウマフフフ。

f:id:mikujin2198:20181028220324j:image

…………。

やべっ、リディアさんいない。

まぁ…イヴァルステッドに着いたら高速移動使えばなんとか…なればいいな。

f:id:mikujin2198:20181028221121j:image

そんなことを思っているうちにイヴァルステッドに到着。

f:id:mikujin2198:20181028221653j:image

さて高速移動はうまくいくのかな。

f:id:mikujin2198:20181028221723j:image
f:id:mikujin2198:20181028221806j:image

え?

f:id:mikujin2198:20181028221830j:image

ええええええ?

f:id:mikujin2198:20181028221852j:image

…………。

f:id:mikujin2198:20181028222156j:image

馬を返せえええええ

なぜ死んだ!?

ひどすぎるよっ!

f:id:mikujin2198:20181028222305j:image

あっ。

f:id:mikujin2198:20181028222426j:image

ごめんなさいもうしません。

まぁ…おおむね成功です。

ハイ・フロスガーを目指して七千階段を登る

なんだかんだでやっとこさイヴァルステッドに着いたものの、目的地マークがまだ少し遠い様子でした。

なぜかと再びマップを見てみたら、目的地がいつのまにか他の場所へ移動してました。

どういうことだこれは。

f:id:mikujin2198:20181028222943j:image

山の上やないかい。

七千階段ってこれのことか。

騙された…とか愚痴は言わずに、リディアさんを置いてけぼりにしてお馬さんを成仏させた天罰だと思おう。

f:id:mikujin2198:20181028223642j:image

高いな。

だけどまぁたいした距離じゃないはず。

さっさと登ろう。

今回の日記何も進んでない気がするし…。

f:id:mikujin2198:20181028224224j:image

道中には彫刻石版なるものがあり、歴史のことが書いてあるようでした。

昔はドラゴンがめちゃくちゃいたみたい。

f:id:mikujin2198:20181028225415j:image
f:id:mikujin2198:20181028225554j:image
f:id:mikujin2198:20181028225609j:image

うーむ、カイネとかいう人が人間に声を伝授したってことなのかな?

声を持たなかったら争いは起こらなかった…それだけスカイリムでは声が重要な要素になってるってことなんですねきっと。

f:id:mikujin2198:20181028230602j:image
f:id:mikujin2198:20181028230618j:image
f:id:mikujin2198:20181028230653j:image

…………。

ふむふむそうか…ちょっと話がややこしくなってきたけど、アレですね。

人間の声すごかったと。

そういうことですねきっと。

f:id:mikujin2198:20181028230906j:image

しかし寒いな…。

いつのまにか雪景色だし、道中気を付けるのはオオカミくらいとか聞いたのにフロスト・トロールに襲われるし…。

目的地まだ?

f:id:mikujin2198:20181028231258j:image

世界のノドって確かハイ・フロスガーのことだから…鎮静のユルゲンってグレイビアードのことなのかな?

f:id:mikujin2198:20181028231415j:image

あっ。

やっとそれらしき建物を発見。

ん?

f:id:mikujin2198:20181028231558j:image

『本当に必要な時にのみ言葉を発せよ』

なんにでもフォウフォウやっちゃいけませんよってことかな…耳が痛いぜ…。

f:id:mikujin2198:20181028231704j:image

やっと着いたあああ!

さて、グレイビアードとやらがどんな顔なのか拝ませてもらおうかい!

たぶん賢者的な人だと思うので、フードを被ったあやしげなおじいさんと予想。

なんか予想するの久しぶりだな。

グレイビアードと話す

f:id:mikujin2198:20181028232108j:image

早っ!

建物に入ると、前方に目的地マークの付いた人物が立っているのが見えました。

あれがグレイビアードに違いない。

どれどれ。

f:id:mikujin2198:20181028232709j:image
f:id:mikujin2198:20181028232801j:image

完全に一致。

というか後ろの人誰?

そして名前がアーンゲール?

グレイビアードじゃないの?

「我らに叫べ。そしてお前の声を味わせよ」

アーンゲールさんがそんなことを言いだしたんですが、彼が『我ら』と言うようにフードのおじいさんが全部で4人いるけど、その中の誰かがグレイビアードなのかな?

f:id:mikujin2198:20181028233122j:image

アイナースさんか、ふむふむ。

f:id:mikujin2198:20181028233158j:image

ウルフガーさん…違うなぁ。

f:id:mikujin2198:20181028233226j:image

ボッリさ…ボッリ!?

すげえ名前だなおい。

グレイビアードよりも気になるよ。

これで全部だけどグレイビアードさんはどこにもいない様子ですね。

これはもしかして4人でグレイビアードみたいな感じなのかな?

…まぁいいか。

とりあえず叫んでみよう。

f:id:mikujin2198:20181028233834j:image

「フォウ」

アーンゲール「アァー!」

f:id:mikujin2198:20181028233924j:image

なにこれ…。

今ので認められちゃったよ。

なんてシュールな人たちなんだ…。

f:id:mikujin2198:20181028234430j:image

話を聞いてみたら、やっぱりこのシュールなおじいさんたちのことをグレイビアードというみたいですね。

この方たちはオレことドラゴンボーンに、声の力の使い方を教えてくれるそうです。

うーむ。

どう成長できるのか楽しみですウフフ。

つづきはこちら↓

www.mikujin2198.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。