旅の終わり。龍泉洞はドラクエみたいな洞窟だった【2017夏 秋田〜岩手 旅行】

2017/8/16(水)

朝に秋田市内の満喫を出発。

今度こそカーナビの指示に従って、岩手県岩泉町『龍泉洞』へと車を走らせる。

秋田市内から高速道路を使わず、約4時間30分の道のり。

目的地は結構な遠距離だ。

……ところがしばらく走ったところで、『田沢湖こちら』の看板を発見。

うずく。

物知らずなオレでもどこかで聞いたことのある地名。

まさか…オレを呼んでいるのか?

道をそれてカーナビが必死に再検索しているのを無視し、田沢湖へ向かった。

カーナビすまん、オレはもしかしたら『〇〇はこちら』に弱いのかもしれないな。

 そんなわけで田沢湖へ

田沢湖は意外に近く、あっという間に到着。

とりあえずそれっぽい駐車場に車を止めて降りてみると、すでに目の前には田沢湖が。

おおおおおおお。

目の前に広がるでっかい湖。

水の色がキレイな水色っぽい色の水。

ややこしい言葉が頭に浮かんだ。

駐車場の近くにお店があったので、『みそたんぽ』なる食べ物を購入。

食べながら湖を眺める。

どうやらこれ、きりたんぽに味噌を塗って焼いたものらしい。

焼きだんごがきりたんぽになったみたいな感じ。

めちゃくちゃうまかった。

キレイな湖も見れて、うまいものも食えていたれりつくせり。

やっぱりカーナビの言うことは聞かない方がいいのかもしれない。

今度こそ『龍泉洞』へ

満足したところで今度こそ『龍泉洞』へ出発。

田沢湖からでもまだ約2時間30分の道のり…この感じで寄り道してたら、たぶん今日は龍泉洞に入れなくなると思い本気モードに。

そして珍しく頑張った結果、岩手県岩泉町『龍泉洞』に到着。

時刻は16:10頃。

天気は小雨が降っていたけど、そのおかげかあまり観光客がいないのでゆっくり見放題な気配が。

チケットを買って中に入る。

ドラクエか…?

と思うような洞内。

水がしたたり落ち、今にもスライム的なモンスターが出て来そう。

うわっ。

うはあっ。

ぜらっ。

びっくりするほどの洞窟ぶり。

通路のすぐ下には地底湖があったり、水がすごい勢いで流れてたり。

これが現実だと思うと少し怖い気がして、自然を信仰する気持ちが少し分かったような気がした。

小さな水滴が滴り落ちることで、気が遠くなるほどの時間をかけて作り上げられた鍾乳石。

水滴がどんな落ち方をしていたのかは分からないけど、結果としてこんなに美しい鍾乳石に育っている。

もしかしたら今の自分の状態は、この洞窟みたいなものなのかな。

暗く湿っていて出口は見えないけど、本当は少しずつ積み重なっていて、光が当たるのを待っているのかな。

どんな出来事が起ころうとも、最後の最後幸せだと思えたら、それは素晴らしい人生なのかもしれない。

そんなことを思った。

最後に

その後は岩手県盛岡市に行き、またもや満喫で夜を過ごした。

明日には仙台市に帰らなくちゃならない。

日常に戻れば、旅に出る前と変わらず同じ問題を抱えていくことになるんだろう。

それの解決策は今だに分からない。

でもこの旅で感じたことや思ったことは嘘ではないし、おかげで少しだけ心の中を整理することができた気がする。

今起こっている問題がどうなろうと、最後には「いい人生だった」と言えるかもしれないなら、少しがんばってみようかなと思った。

突然思い立った旅だったけど来てよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。