「お前だけ仕事休んでずるい」だと?休まないことを選んだ自分を責めろ

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

うちの会社のオレが働いている部署は、どちらかというとブラックな部類です。

低賃金・長時間労働は当たり前だし、社会の底辺と言われたら確かにその通りだと思う。

新しく立ち上げた部署でまだ慣れてないのもあるから仕方ないとはいえ、毎日毎日みんな疲れきった顔で遅くまで働いて、口を開けば誰かの悪口ばかり…。

そんな中、こないだ同僚からの話でびっくりしたことがありました。

「床屋に行ったら他の従業員に文句を言われたんだよね…はぁ」

そう言って落ち込む彼。

はあ?

また始まったか…。

スポンサーリンク

多すぎる残業と休日出勤

「どんな文句言われたの?」

聞いてみると、

「こないだの土曜は休日出勤だったんだけど、俺は用事があって休んだでしょ?その時に少し時間空いたから床屋に行ったんだけど…。後日同僚から、床屋行くヒマあるんなら出勤しろ!俺なんかずっと出てんだぞ!って怒鳴られたんだ」

…あほくさっ!

聞いた瞬間に呆れました。

うちの職場は忙しすぎて、残業が毎日少なくとも3〜4時間発生します。

そのうえ基本的に休みのはずの土日も、平日の残業でも仕事が追いつかないため、だいたいどちらかは休日出勤となってます。

つまり毎日11〜12時間勤務の週休一日。

まぁ…なかなかやばいですよね。

でも、そんな職場でまじめに出勤して残業も休日出勤もすべてこなす人たちがいます。

それはほとんどが非正規の人たち。

正社員ももちろんいて、彼らもすべての勤務をこなして顔が死んでるけど、職場の9割は非正規の人たちです。

子供のだだじゃねーか

毎日毎日ほとんど休まず激務をこなすのは本当にすごいと思うし、まじめだなぁとも思うんだけど…激務すぎるとだんだん人はわけのわからないことを考えるようになります。

今回の場合でいうと、

自分はまじめに全部出勤してこんなにがんばってるのに、なんでお前は土曜日休んだうえに床屋まで行ってんだよ。

という謎の文句。

床屋に行くヒマって…、

ほんの数十分だろ?

それしかヒマないのに会社に来れねーよ。

ちなみにこれを言った彼も非正規で、言われた同僚もやっぱり非正規。

上も下もありません。

本当は自分だって休みたいのに、休めないから文句を言う。

その気持ちは分からないでもない。

でも人それぞれプライベートで用事もあれば、休まないと身体がもたないこともある。

そのへんと相談したうえで自分ができる分だけ働いてれば、文句を言われる筋合いはどこにもないんです。

「お前だけ休んでずるい」って…。

子供のだだじゃねーか。

たまたま今回はオレと仲の良い同僚が言われましたが、この「あいつだけ休みやがって」的な風潮は職場全体にあります。

これが大嫌いだ。

みんなきっと疲れすぎて、誰かを責めて自分がどんなにがんばってるかを確認するしか今の状況に納得する方法がないんじゃないかなぁと思います。

スポンサーリンク

選んだ自分を責めろ

休まない人には理由があると思います。

  • 休んだら給料が安くなって困るから
  • 会社のためだから
  • 断れないから
  • 文句を言われるのが嫌だから
  • 正社員になりたいから

同じように休む人も理由があります。

  • そんなに稼ぐ必要がなくて休む人
  • 身体がしんどくて休む人
  • 子供が熱を出したから仕方なく休む人
  • 用事があって休む人

などなど他にもいろいろあると思う。

こんな感じでどちらにも理由があるわけだけど、それはもう人それぞれだし、そもそもそれを選んだのは自分です。

しかも非正規がほとんどでパートの人もいるんだから、なおさらみんないろんな事情でそれぞれが選んだ働き方をしているはず。

なので、

休まないことを選んだのは自分。

休むことを選んだのは自分。

ただそれだけのことなんです。

どっちが正解とかじゃありません。

休まないからといって別に偉くはないし、休んだからといって悪くもない。

ただそれぞれがそれぞれの事情で選んでいるだけということ。

それをずるいだなんだと文句を言うって、勘違い野郎としか言いようがない。

文句を言う相手が違うだろ?

選んだ自分を責めろ。

大人なんだから、自分の行動をちゃんと選べばいいだけの話だろうが。

今回のことを考えていると、休む人に文句を言う人たちはなんのために会社に来てるのか分からなくなっている気がします。

がんばりモンスター

なんのために会社に来てるのか。

これはもう簡単です。

会社に来てるのは、自分がやりたいことのためです。

家族のため、生活のため、借金返済のため、社会のため、仕事が大好き…などいろいろありますが、なんにせよ自分がやりたいことのために、自分で選んで来てるわけです。

決して休んで文句を言われないためとか、仕事が終わらないからとか、なんか断れないからとかいう謎の理由で来てるわけじゃない。

だから本来なら、会社と契約した分と、自分の必要な分働けばなんの問題もないはずなんです。

はっきり言ってしまえば、それ以上はただ単に「仕方ねえから働いている」にすぎません。

なのに激務をこなしているうちに、

休んだら迷惑になる。

と思うようになったり、他の誰かにそうクギを刺されたり、職場にそんな風潮があったりすると、本当は休んでもいいのに休めなくなる。

それが続くと気がつけば『仕事が終わらないから、申し訳ないから、文句を言われるから、休めないから会社に来てる』などというわけのわからない状態になる。

これに慣れてしまうと、もうなんのために働いてるのか忘れてしまう人が出てきます。

そしてそれを正当化しているうちに、最終的には「(自分のように)がんばらないやつはダメなやつだ」という意味の分からない正義感が売りのがんばりモンスターが誕生してしまう。

彼らはもはや、がんばるために会社に来ているという状態です。

がんばるのはまぁいいとして、なんのためにがんばるのか忘れてしまってるのが恐ろしいところなんですよね…。

すべての勤務をこなし、残業しない人や普通に休日を取る人をダメなやつだの使えないだのと言いまくり、どんどん集まってキングスライムみたいに大きくなります。

ブラックな職場ではこんなモンスターがゴロゴロいるので、理不尽な怒られ方やいじめによってすぐに人が辞めていきます。

だってよく分かんないがんばりのために会社に入ったんじゃないもの…。

がんばって身体壊して入院した回数を自慢げに話されたらもう引くしかないもの…。

スポンサーリンク

みんながんばってる

そもそも休む人も残業しない人も、がんばってないわけじゃないありません。

何度も言うけど、みんな自分で選んで自分のできる範囲でちゃんとがんばってます。

それどころか時には「忙しいのに帰ったら申し訳ない」と無理して残業もしてるし、休日の予定をなんとか調整してまで休日出勤をしてる人もいる。

本当は無理する必要も意味もないのに、みんなや会社に気を使って、そしてモンスターがうるせーから仕方なくそうしてる。

がんばらなくていいところまでがんばってるんです。

だからモンスターたちはピーチクパーチク他人のことを言わないでいただきたい。

がんばるって決めたのは自分だろ?

他人のせいにするんじゃねえ。

最後に

気づいたらいろいろ書きなぐってましたが、ちゃんと働いてる人にあんな文句を言うのは最低だなと思いました。

ちなみにオレも今現在は正社員ではなく、彼らと同じ非正規ですが…。

なんと言われようと休む時は休むし、残業も一切やらず容赦なく帰ります。

最初会社に入る時にそのへんのことは面接官に確認したわけだし、わけわからん連中の機嫌を取るために勤めてるわけじゃないし、ブログなどの収入もあるので残業や休日出勤をやる意味がないし、そもそも給料安いから代わりの会社なんかなんぼでもあるってことでここを選んだわけだし…。

あれ?

ミクジン
ミクジン

一番がんばってないのはオレかも…

まぁいっか。

働く理由は人それぞれです。

どっかの誰かが正しいと決めつけたどうでもいいことに流されず、自分でしっかり選んで生きていきたいなぁと思います。

スポンサーリンク

1 COMMENT

まな

おはようございます!!
現在26の女です。
このブログを読んですごく共感したのでメッセージを送らせていただきました。
私は18の頃から大手チェーンの飲食店でアルバイトをしていましたが、そこでもやはりこのブログの記事とは少し違うものの、最初は自分で時間を決めてシフトに入れて働いたが、他の従業員から文句を言われていくうちに誰が見ても納得いくシフトの出し方はこれしかないと思うようになって自分のキャパを超えたシフト(短時間から長時間勤務に変えたり、出勤できる日を限度を超えて増やしたりなど)のにくわえてどんなに無理だと思っても人から頼まれたことは全く断らず、何年か働いていくうちに精神的な病気が悪化して2020年11月に休職し、2021年3月にそのバイトを辞めました。
「お客さんを喜ばせたい!」という思いで入ったのに何のためにやっているのか分からなくなり、とりあえず他の人が怒らないようにとか色々考えながらやっていました。
やはり1人でも怒ったり文句を言ったりする人がいる会社に身を置くとそうなっちゃいますよね。
今はまだ仕事してませんが、コロナが落ち着いて仕事ができるようになったらこんなトラブルの多いところでなければいいと思いました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。