YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

ラーメンバカのヤンキーに出会って心があたたかくなった話

その日、無性にラーメンが食べたくなった。

そんな時いつもは近場の安めのラーメン屋に食べに行く。

だけどその日はなぜか、食べたことのないランキングに載るようなめちゃくちゃうまいラーメンが食べたかった。

気の向いた時に、気の向いたことができる。

そうか、これが自由かあああ!

ランキングを検索してみた結果、1時間後に開店で今から行くには距離もちょうどいいラーメン屋を見つけた。

よし、行ってみるか!

オレは車を走らせた。

ヤンキー兄さんに話かけられる

ラーメン屋に到着すると、すでに並んで開店を待っている人達が15人ほど。

開店まではあと30分くらい。

オレも一緒に並ぶことにした。

曇り空で寒かったけど、なんなんだろうこのワクワクした気持ちは。

ラーメンを食うために並ぶのなんて数年ぶり。

忙しかったし、節約節約と騒がれていたのでこんなことできなかったもんなあ。

ラーメン屋に来て、忘れていた大切な何かを思い出したような感覚だった。

…って何をおおげさなこと考えてるんだ。

ラーメン食いに来ただけだろうがっ!

開店10分前になると、店員さんがメニューを持って注文を取りに来た。

たくさん人がいるから、開店と同時に食べ物を出せるように配慮してるのかな。

すでに並んでいる人は30人くらいになっていた。

前の方から順番に注文を取ってくる。

常連さん多いのかな?

結構サクサク進んでくる。

どうしよう、店だけ調べてオススメのラーメンよく見てなかったぞ…。

「お兄さんここ、初めてですか?」

ふいにオレの後に並んでいる人が話かけてきた。

見るとツンツン頭の茶髪でツナギを着た、ヤンキー的な若い男だった。

オレは言った。

「そうなんですよ、あなたは?」

聞くと男はニコッと笑って言った。

「俺はここ大好きで週に6回は来てます。お兄さん見ない顔だったので、オススメのメニューとか分からないかなーと思って」

週6ってすげえ…。

もうベテランじゃないか。

見た目は怖いけど、なんだか良い人そうな雰囲気の彼。

オレは正直に言った。

「週6ってすごいですね。ちょうど今何にしようか迷ってたんですよ」

すると男は満面の笑みで語りだした。

もう「待ってました」と言わんばかりの語り具合。

オススメのメニューを教えてくれるばかりか、自分がラーメンを好きになった理由から、ここ以外にも週5で食べに行ってるラーメン屋がおいしくてオススメだとかなんとかすごかった。

ここが週6で他店が週5?

1日で2食ラーメンを食べている日が多すぎやしないか…?

もはやこわいよ兄さん。

そう、彼はラーメンバカだった。

ヤンキー兄さんに申し訳ない気持ちになる

彼によるとここは味噌ラーメンが有名で、『ニボシ味噌ラーメン』が特においしいと評判らしい。

客のほとんどはそれ目当てに来てるとか。

でも、と彼は言う。

「実はもっとうまいラーメンがあるんですよ。ただの『醤油ラーメン』なんですけどね、衝撃でオシッコちびるくらいうまいです。ただ、味噌ラーメンがうりなんで、醤油ラーメンはほとんど量を作ってなくてすぐに売り切れちゃうんです。開店してから並ぶんじゃ絶対に食べられない。俺はいつも醤油ラーメン食べに来てるんですよ」

通じゃなきゃ知らない情報きた!

実はオレは大の醤油ラーメン好きだ。

ラーメンバカが週6で食べたい醤油ラーメン…そんなこと聞いたらもう、醤油ラーメンを食べる以外に選択肢がないじゃないか。

彼はまだ楽しげにしゃべり続けていたが、気が付くと注文がオレの番になっていた。

店員のお姉さんにメニューを渡され、注文を聞かれる。

「醤油ラーメン大盛りで」

オレは迷うことなく言った。

ヤンキー兄さんがとても嬉しそうに、オレに笑顔を向ける。

そうか、自分がすすめたラーメンを注文されるのが嬉しいのか。

このヤンキー兄さんは本当に誰よりもラーメンが好きなんだな、本物のラーメンバカや!

なんだかオレはヤンキー兄さんがちょっと好きになってきた。

よおおおし!

ちびる程の醤油ラーメン、食べてやるぜ!

ヤンキー兄さん、一緒にちびろうぜ!

そして次はヤンキー兄さんの注文の番。

「俺も醤油ラーメン大盛りで」

すると店員のお姉さんの顔がちょっと曇る。

あれ、どうしたのこれ。

「申し訳ありません。醤油ラーメンは先程の方で売り切れになってしまって…」

えええええええ!?

オレで最後!?

ヤンキー兄さんの顔を見ると…、

ああああああ!

f:id:mikujin2198:20171208093231p:plain
※イラストはイメージです

信じられないくらいガッカリしてる。

おもちゃを買って欲しくてその場でさんざん泣き叫んだのに、やっぱり買ってもらえなかった子供の帰り道みたいな顔…。

泣くんじゃないか…?

これ本当に泣くんじゃないか…?

「あ、じゃオレ違うの頼みますよ!ニボシ味噌ラーメン有名なんでしょ?それで!」

オレは慌てて言った。

そこまで醤油ラーメン食べたいなんて…オレが奪い取っていいものじゃないと思った。

世の中には本当に醤油ラーメンを必要としている人がいる。

それは彼に違いない。

ところがヤンキー兄さんはハッと我にかえった顔で言った。

「いや俺がニボシ味噌ラーメン食べますよ。ずっと醤油だったんで、たまには味噌と思って来たんです今日はハハハ。いやあ、早く食べたい!そんなわけでほら、お姉さん次の人に注文取って待ってるから」

ヤンキー兄さんはそう言って、お姉さんをさっさと次の人にまわした。

オレはなんだかヤンキー兄さんに申し訳なくて仕方なかった。

「ごめんね、オレで最後だとは…」

「気にしないでください。俺なんて数えきれないくらい食べてますから!どうせ俺はすぐまた来ますし、今日は味わってってください。絶品ですよ!へへへ」

ヤンキー兄さんは少年のように笑った。

…なんかね、ラーメン食べに来ただけなんだけど、この時なんだかあったかい気持ちになったんだ。

本当に好きなものにはまっすぐになる

ヤンキー兄さんから譲り受けた『醤油ラーメン』、本当にちびるほどおいしかった。

間違いなくこれまで食べた醤油ラーメンの中で一番。

店内が混雑してて座る場所は違ったけど、醤油ラーメンをオレがうまそうに食べるのを見て、ヤンキー兄さんは本当に嬉しそうな顔をしていた。

醤油ラーメンおいしかったけど、オレはヤンキー兄さんに出会えたことの方が大きいかった。

ラーメンのことであんなに熱く語り、自分が食べれなくても自分のことのように喜ぶ彼。

本当に彼は楽しそうに見え、人って好きなものにはまっすぐになれるもんなんだなあと思った。

オレも前はあんな顔で笑っていたのかな。

自分が貧乏くじを引いたとしても、今はもうそばにいないあの二人が楽しそうなら、オレはそれだけで嬉しかった。

それはやっぱりヤンキー兄さんと同じように、二人のことが本当に大好きだったからなんだ。

そう考えるとなんとなく、二人を大好きだったことは間違いじゃなかったのかなと思えた。

いろいろあって全部が間違いだったみたいに思ってたけど、そうじゃなかったのかもしれないな。

またあのラーメン屋に行きたいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。