「あなたがいてよかった」2022年5月21日にコメントをくれた読者さんへ

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

2022年5月21日、読者さんからこんなコメントをいただきました。

(中略)

読みながら泣きました。

文才のない私は自分の気持ちも上手く表現できないのですが、ミクジンさんが全部表現してくれていました。

ありがとうございます。

救われました。

あなたがいて、よかった。

ありがとう。

このコメントを読んで、オレ、なんか目から水みたいなやつが出てきたんですよ。

「あなたがいて、よかった」

と書いてくれていましたが、オレの方こそ、あなたに同じ言葉を送りたいです。

あなたがいてよかった。

救われたのは、オレも同じなんです。

スポンサーリンク

ブログを始めた理由など

ブログのあちこちでも書いてますが、このブログはもともと、

彼女の浮気が発覚して精神的にしんどかった時に、溜まったものを吐き出したかった

というのが始まりです。

あの頃は胸の辺りがずっと苦しく、仕事が終わって疲れ切っていてもまったく眠れない日々。

いろんなマイナスの考えが頭の中をぐるぐる回り、さらに苦しくなるだけの朝までの時間。

あの長い時間は、地獄としか言いようがありませんでした。

だけどブログと出会ったことで、ごちゃごちゃに溜まっていくだけだった苦しみを整理して、言葉にして吐き出すことができるようになりました。

とはいえブログを書き始めてからもしばらく、

「もう何もない」

「最悪の人生だ」

「こんなダメ人間、生きる価値なんかねえ」

なんてことを思っていたし、胸の苦しさも変わらなかった。

だけどオレが書いたことに対する優しいコメント、励ましの言葉をもらううちに考え方が少しずつ、本当に少しずつだけど変わりました。

「オレの人生は本当に最悪だったのかな」

「本当にもう何もないのかな」

そうしているうちに気が付けば笑えるようになり、あんなに酷かった胸の苦しみも、いつの間にか消えて無くなりました。

そして今、あなたは言ってくれました。

「あなたがいて、よかった」と。

これほど救われる言葉はありません。

スポンサーリンク

あなたがいてよかった

だってオレはもともと、

「もう何もない」

「最悪の人生だ」

「こんなダメ人間、生きる価値なんかねえ」

とか思い、自分のすべてを否定していたんです。

でも「あなたがいてよかった」ということは、オレがこれまでやってきたことも、間違ったと思っていた選択も、最悪だと思っていた過去でさえも、無駄じゃなかったことになります。

だってそれらすべてがなければ、ひとつでも欠けていたら、今現在のオレは存在しないから。

オレは生きててよかったんだ。

「あなたがいて、よかった」

そう言ってくれるだけで、オレは過去のすべてを受け入れることができます。

そしていい歳こいて目から水みたいな液体をたれ流しながら、思ったんです。

「オレはオレでよかったんだ」と。

本当に、素敵な言葉をありがとうございます。

だからオレからも同じ言葉を、あなたに送りたいと思います。

あなたがいてよかった。

あなたもあなたのままで、すっげえ素敵なそのまんまでいてください。

ミクジン
ミクジン

そんでいつか一緒に笑いましょう!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。