2022年9月25日にメッセージをくれた読者さんへ

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

これは2022年9月25日にメッセージをくれた読者さんへ向けて書いています。

こんなところに書いて欲しくないかも…。

と少し悩んだのですが、オレの気持ちを伝えたかったので書くことにしました。

名前は書きませんし、メッセージの内容もできるだけ伏せますので、どうか勝手なワガママをお許しください。

スポンサーリンク

2022年9月25日にメッセージをくれた読者さんへ

メッセージありがとうございます。

最初に内容を見た時、いい歳こいたおっさんのくせに泣いてしまいました。

なぜかというと、同じではないかもしれませんが、オレも昔似たような気持ちだったことがあったからです。

「もうどうでもいいや」

となっていたあの頃、オレもネットで検索していろんな人の体験談や考えを見ました。

「自分だけじゃないんだ」とか、「そんな考え方もあるんだ」とか思い、ほんの少しだけ気が楽になったのを覚えてます。

だけど、それで気持ちが切り替わることはありませんでした。

それはきっと、

「自分にしか分からない、自分だけの辛さ」

があったからだと思います。

ほんの少し気が楽になった一方、心のどこかで「オレはあんなふうになれねえ」とか、「ずっとこのままだろ」とか考えてた。

だって諦めたくないからずっと耐えて戦ってきたのに、諦めるしかなかったんだから。

あの頃の気持ちを思い出すと、今でも胸のあたりがちょっと痛えです。

だからあなたが一旦保留にしてくれて、本当によかった。

気の利いた言葉は思い浮かばないけど、正直に言ってオレは嫌です。

あなたがこの先笑えないなんて、絶対に嫌だ。

何があなたの邪魔してるのかは分からないけど、保留にしていればそいつはいずれ必ずどっかにいきます。

なかなかどっかに行かないなら、オレも手伝います。

てめえ邪魔すんじゃねえっつって、首根っこ掴んで大外刈りして、かかとのあたりで顔面踏んづけてグリグリしてやりますよ。

だから今は保留をたくさん貯めて、できれば邪魔なやつに全力でぶつけてください。

そいつが泣きながら逃げていった時、気が付いたら笑ってるはずです。

その日までオレも応援してます。

その日がきたら、一緒に笑いたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)