【レビュー】Anker『PowerCore Magnetic 5000』すげえ手軽さ。MagSafe対応のくっつくワイヤレスモバイルバッテリー!

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

iPhone12シリーズから導入されたMagSafe

これは『マグネットを利用したワイヤレス充電システム』のことなんですが、オレはiPhone12 Pro MAXを使用していることもあり、こんなことを思ってました。

ミクジン
ミクジン

iPhoneにくっつけて充電できるなんてすごいじゃない…

使ってみたいじゃない

そこで今回買ってみたのが、Anker『PowerCore Magnetic 5000』というモバイルバッテリーです。

  • MagSafe対応のiPhone・ケースに対応し、背面にくっつけて最大5Wのワイヤレス充電ができる
  • USB-Cポートからも最大10WでUSB充電できる
ミクジン
ミクジン

この製品の特徴を超簡単に言うとこんな感じですが…

実際に使ってみてどうだったのか、今回は『PowerCore Magnetic 5000』をレビューしていきます。

Anker『PowerCore Magnetic 5000』の簡単なスペックと同梱物

簡単なスペック

同梱物

同梱物一覧

Anker『PowerCore Magnetic 5000』を使ってみた感想

外観や重さについて

実物を持ってみると、手のひらに収まるサイズで「思ったよりちっさいな」と感じました。

主にiPhoneにくっつけて使うので、確かにこのくらいの大きさがちょうどいいのかも。

iPhone12 Pro MAXに装着したところ

『PowerCore Magnetic 5000』本体の重さは約133gなんですが、オレのiPhone12 Pro MAXにくっつけてみてもそんなに気にならない重さでした。

試しに振り回してみましたが、ガッチリくっついているので落ちる心配はなさそうです。

ワイヤレス充電部
USB-C充電部
ミクジン
ミクジン

電源ボタンや、バッテリー残量を表すLEDもすごくシンプルです

コンパクトでケーブル要らずゆえ、iPhoneを充電しながらできることが増える

ワイヤレス充電は、本体をiPhoneの背面にくっつけて電源ボタンを押すと始まります。

ミクジン
ミクジン

充電中はバッテリー残量を表すLEDがずっと点灯してて分かりやすいですね

写真は『PowerCore Magnetic 5000』を裏にくっつけてある状態ですが、普段のようにiPhoneを使うのにまったく問題はありませんでした。

とはいえ普段のiPhoneよりも少し分厚くなるので、人によってより持ちやすい人・ちょっと持ちにくい人に分かれそうな気はします。

ミクジン
ミクジン

ちなみにオレはより持ちやすいなと思いました

カメラ部分を隠すことがないので、充電しながら写真や動画撮影もできます。

コンパクトゆえ、iPhoneにくっつけたままポケットに入れて充電することも可能です。

ミクジン
ミクジン

これは買ってみるまで思いつかなかったので感動しました

iPhoneにくっつかないモバイルバッテリーだとケーブルが必要だったり、充電しながらだとできないことも多いです。

だけど『PowerCore Magnetic 5000』なら、ケーブルが必要なく、iPhoneを充電しながらできることが増えるのですごく便利に感じました。

ワイヤレスの充電速度は…ちょっと遅い

ケーブルが必要なく、iPhoneを充電しながらできることが増える『PowerCore Magnetic 5000』ですが、ワイヤレスの充電速度はちょっと遅いです。

スペックの項目でも表記してますが、下記が充電能力。

  • ワイヤレス充電▶︎最大5W

これがどのくらいの充電能力なのか、オレのiPhone12 Pro Max(バッテリー容量:3,687mAh)で試してみた結果がこれです。

ミクジン
ミクジン

まぁ…早くはないですね

『PowerCore Magnetic 5000』の容量は5,000mAhですが、表の通り、オレのiPhone12 Pro Maxだと0%から73%までしか充電できませんでした。

やはり満充電1回未満というのは本当のようです。

とはいえ、

  • ケーブルが必要なく、充電しながらできることが増える
  • 普段はiPhoneを0%まで使い切るなんてことはない

ということを考えると、

ミクジン
ミクジン

少々遅くても気にならないし、このくらい充電できるなら充分かなとも思いました

iPhone用じゃなくても使える

ploom Xを充電

『PowerCore Magnetic 5000』にはUSB-C端子が付いているので、iPhone用のワイヤレス充電だけではなく、有線で普通のモバイルバッテリーとして使うこともできます。

有線で充電する際は、ワイヤレス充電の倍の最大10Wの出力となってます。

ミクジン
ミクジン

コンパクトなボディなので、iPhone以外の用途にも使いやすかったです

ちなみにワイヤレスと有線の充電を同時にすることはできません(有線の方が優先される)

ミクジン
ミクジン

だけど…

『PowerCore Magnetic 5000』本体を充電しながら、iPhoneをワイヤレス充電することは可能となってます。

ミクジン
ミクジン

これはありがたいッス

まとめ

最後に『PowerCore Magnetic 5000』よかったところうーんなところをまとめておきます。

よかったところ
  • コンパクトで持ち運びに便利
  • iPhoneにくっつけてワイヤレスで充電できるので、線が邪魔にならないうえ、充電しながらできることが増える
  • 有線でも使える(最大10W)ので、普通にコンパクトなモバイルバッテリーとしても使える
  • バッテリー本体を充電しながらiPhoneをワイヤレス充電できる
うーんなところ
  • ワイヤレス充電の速度は遅め(最大5W)
  • バッテリーの容量が5,000mAhなので、ワイヤレス充電だとiPhone12・13シリーズは満充電が1回未満(0%から100%までは充電できない)
  • ワイヤレス充電と有線での充電(出力)は同時にはできない

『PowerCore Magnetic 5000』の1番の魅力は、なんといってもそのコンパクトさ手軽さだと思いました。

iPhoneにくっつけるだけで、充電しながらポケットに入れて持ち歩くもよし、普段通りに使うもよし、というのは便利すぎて病みつきになるレベルです。

ワイヤレス充電だと速度が遅いなど欠点もありますが、充電中にできることが制限されないのは大きなメリットだなと感じました。

ミクジン
ミクジン

外出時にあんまり線を持ち歩きたくない人、充電中にもiPhoneを使いたい人なんかには特におすすめです

関連記事

【レビュー】PITAKA『MagEZ Case Pro 2』MagSafe対応でアラミド繊維が頑丈なiPhoneケース!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。