【iPhone14 Pro/Max】『常時表示ディスプレイ』の設定方法とオンにしていても画面が消える条件

スポンサーリンク

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

オレはiPhone14 Proを買ったんですが、『常時表示ディスプレイ』をオンにしてるのに画面が消えている場面に遭遇し、壊れたのかとびびりました。

しかし怯えながら調べてみたところ、これは故障じゃなかったんですよ。

ミクジン
ミクジン

『常時表示ディスプレイ』をオンにしていても、画面が消える条件があったんです

いやぁホッとしました。

同じように怯えてる方がいるかなぁと思ったので、『常時表示ディスプレイ』の設定方法とオンにしていても画面が消える条件についてここに書いておきます。

スポンサーリンク

『常時表示ディスプレイ』の設定方法

初めに、『常時表示ディスプレイ』のオン/オフを切り替える方法を書いておきます。

ミクジン
ミクジン

iPhone14 Pro/Maxはデフォルトで『常時表示ディスプレイ』がオンになってますが、一応ということで

「設定」▶︎「画面表示と明るさ」に進みます。

写真はオンの状態

「常にオン」をタップすると、オン/オフを切り替えることができます。

ミクジン
ミクジン

設定はこれで完了です

次は「オンにしていても画面が消える条件」についてです。

スポンサーリンク

『常時表示ディスプレイ』をオンにしていても画面が消える条件

  • iPhone の画面を伏せて置いたとき
  • iPhone がポケットやカバンの中に入っているとき
  • 「睡眠」の集中モードがオンになっているとき
  • 低電力モードが有効になっているとき
  • iPhone が CarPlay に接続されているとき
  • 連係カメラの使用時
  • iPhone をしばらく使っていないとき (iPhone が普段の利用状況のパターンを学習し、アラームや睡眠のスケジュールの設定状況も踏まえて、ディスプレイのオン/オフを自動で適宜切り替え)
  • ペアリングした Apple Watch をユーザが着用して iPhone から離れたことが検知されたとき (常時表示ディスプレイは、Apple Watch が再び iPhone に近付くと有効になる)

これは要するに、必要がなさそうな時にはバッテリー節約のため自動でオフにする仕様になってたってことですね。

よくよく思い出してみると、オレのiPhone14 Proの画面が消えていたのは画面を伏せて置いてた時でした。

故障だと思っていたけど、それはとんでもない勘違いだったんです。

ミクジン
ミクジン

Appleの優しさ…

だったんですね

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。