【漫画の名言】少女「なんだ…なぁーんだ…」『からくりサーカス』7巻

スポンサーリンク

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

この記事は、オレの心に響いたものを勝手に紹介して書きまくるワガママシリーズです。

今回は『からくりサーカス』7巻から、サーカス好きなおじいさんに少女が言った言葉について書きなぐりたいと思います。

スポンサーリンク

「なんだ…なぁーんだ…」

この巻で『仲町サーカス』という貧乏なサーカス団が、とある町の公園でサーカスの公演を行います。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

しかしこの『仲町サーカス』は貧乏ゆえにテントもなく、客席はビニールシートを敷いた程度のサーカスとは思えないような雰囲気。

集まった人たちの中には「本当にこんな感じでサーカスなんかやるんだろうか」という声もちらほら出ていました。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

そんなお客さんの中に、昔からサーカスが好きで今日の公演を楽しみにして来たおじいさんの姿がありました。

何も言わず、座って開演を待つおじいさん。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

ずっとサーカスを見てきたおじいさんが喜ぶようなサーカスができるんだろうか…そんな不安な声も聞こえる中、サーカスは開演となりました。

しかし。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

終わってみれば公演は大成功。

お客さんの笑顔と拍手が鳴り響きました。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

そんな中、おじいさんが「あまり笑ってなかったみたい」と心配する少女がいました。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

おじいさんが帰る姿に気付いた少女は、おじいさんの後を追います。

そこで少女が見たものは…。

出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻
出典:藤田和日郎『からくりサーカス』 7巻

…このシーンを見て、なんだかすごくあったかい気持ちになったんですよね。

スポンサーリンク

なに考えてるのか分からない人

おじいさんは、見た目ではあまり楽しんでいるようには見えなかったかもしれません。

でも実はちゃんと楽しんでいて、最後はちょっとだけ本当の気持ちを知ることができました。

これは少女が最後までおじいさんを見ていたから気付いたことで、もし見ていなかったら心配したまま終わっていたかもしれません。

現実にはこんな感じで、感情をそのまま表に出せない人や、出していても違うようにとられてしまう人が存在します。

そんな人は時に誤解を生んだり、よく分からないゆえに煙たがられたりします。

オレもちょっとそんなところがあって、特に子供の頃は「何考えてるのか分からない」と言われたこともあるし、もしかしたらそれがいじめられたひとつの原因だったのかなぁ、なんて思ったりもします。

関連記事

でも本人は好きでやってるわけでもないし、なんなら「なんで自分はこんななんだろう」と悩んでたりもするんです。

それが続くうちにいつしか諦め、心を閉ざすことで前よりさらに『なに考えてるのか分からない人』になってしまうこともある。

難儀な性格だなぁと自分で思いますが、なかなか性格を治すのって難しかったりするんですよねこれが…。

オレも将来あのおじいさんみたいになりそうだなぁなんて思います。

スポンサーリンク

「分からない」じゃなく「分かりたい」と思える人に

少女はおじいさんがどんなふうに感じたのか気になり、最後まで見届けました。

初めにも言いましたが、おじいさんが喜んでいたことが分かったのは、少女が最後まで見届けたからです。

そして少女がそうしたのは、おじいさんのことを『分かりたい』と思ったから。

「何を考えてるのか分からない」で終わらせず、「あの人はそんな人だから放っとけ」でもなく、おじいさんがどう感じたのかちゃんと分かりたくて見届けた少女。

『分かろう』としてくれる少女を見て、なんだか自分のことのように嬉しくて、すごくあったかい気持ちになりました。

おじいさんもきっと、おんなじように嬉しかったんじゃないかなぁ。

だからおじいさんは少女を見て、精一杯の気持ちを出して、おどけて見せたんだと思います。

「大丈夫だよ」

「ほら、こんなに楽しい気持ちになれたんだよ」

「ありがとう」

オレにはおじいさんがそう言っているように見えました。

オレも「分からない」じゃなく、「分かりたい」って思えるような人になりたいなぁ。

あの少女みたいに。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)