メガモン『ミストバーン』攻略のためのパーティ編成と作戦【DQウォーク日記】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

2022年12月26日に登場した、メガモン「ミストバーン」

こいつがまたなんとも言えない強さというか、硬さというかでやたら長期戦気味になり、

なんやかんやで何度も苦戦

ひどい時なんか、ソロで15分くらいかかってましたよ、まじでなんなのあいつ。

ミクジン
ミクジン

このままじゃアカン

と思ったので、本気でパーティ編成を見直し、ようやくまともに戦えるようになりました。

そんなわけで今回は、

メガモン『ミストバーン』攻略のためのパーティ編成と作戦

を紹介していきます。

スポンサーリンク

メガモン「ミストバーン」攻略のためのパーティ編成と作戦

職業や装備はざっくり上記の通りですが、まず各職業の役割はこんな感じ。

  • ゴドハン(武道):「すてみ」と「きあいため」で「ドラゴンソウル」をぶち込む攻撃役
  • ゴドハン(守護道):「騎士道精神」と「きあいため」で「ドラゴンソウル」をぶち込みつつの守り役
  • 大神官(舞道):ひたすらスキル「ふしぎなタンバリン」を使い、与ダメと回復力の底上げ
  • 大神官(舞道):回復に専念

ミストバーンは「物理攻撃」と「身かわしアップ」が特に厄介なので、

「騎士道精神」で守り、「きあいため」の必中効果で確実に当てにいく

という作戦にしました。

攻撃役に「竜神王のつるぎ」を持たせた2つの理由

攻撃役の二人に装備させている「竜神王のつるぎ」ですが、選んだ理由は2つあります。

  • スキル「ドラゴンソウル」は竜気が4段階(最大)になると、威力750%+必中になるため
  • いきなりスキル「竜神王の覇気」で「すてみ」のデメリットを消し、ミストバーンの攻撃力を下げるため

スキル「ドラゴンソウル」の必中効果

まずひとつ目は「ドラゴンソウル」

説明には書いてませんが、「ドラゴンソウル」は竜気が4段階(最大)になると、威力750%になるだけでなく必中効果が付きます。

ミクジン
ミクジン

これにより、

攻撃できる回数を増やす作戦です

攻撃役には同じ必中効果の「きあいため」も付けてますが、これのみだと2ターンに1回しか攻撃できないのがデメリットです。

  • 「きあいため」▶︎攻撃▶︎「きあいため」▶︎攻撃……の繰り返し

しかし「ドラゴンソウル」で竜気が最大になれば、「きあいため」を使わずとも必中になるため、そのまま攻撃できます。

  • 例)「きあいため」▶︎「ドラゴンソウル」▶︎「きあいため」▶︎「ドラゴンソウル」▶︎竜気最大「ドラゴンソウル」

これにより、身かわし率を高めてくるミストバーンに、確実に当てられる攻撃回数が増えます。

ミクジン
ミクジン

しかもこの竜気、わりと簡単に上がるんですよね

写真は開幕で「すてみ」を使ったところですが、もう竜気が1段階上がってます。

ちなみに竜気は、以下の戦闘行動を受けた時に、確率で発動します。

  • スキル、どうぐによるHP回復効果
  • 敵からのダメージ
  • 特定の状態変化効果(敵、味方ともに)

「受けた時」となってますが、これは自分で自分にスキルを使うことも含まれるみたいですね。

いきなりスキル「竜神王の覇気」の効果

ふたつ目は「竜神王の覇気」

  • 3ターン:敵1体の攻撃力ダウン(1段階)
  • 3ターン:自分に「まもりのたて」
  • 4ターン:竜気を宿す

この効果により、物理攻撃が厄介なミストバーンの攻撃力を下げ、さらに「すてみ」を、デメリットを気にしないで使えるようになります。

ミクジン
ミクジン

攻撃と防御がどちらも上がる感じですね

開幕で敵の攻撃力ダウン効果

ちなみに「竜神王の覇気」の攻撃力ダウン効果は、仲間が何人発動させても1段階のようです。

ここまでで攻撃役の与ダメを上げ、確実に攻撃が当たるようにしました。

しかし。

それをさらに強化してくれるのが、「ふしぎなタンバリン」です。

「ふしぎなタンバリン」の効果

効果は1ターンだけですが、スキルダメージと回復量を上げてくれる効果。

大神官に持たせてますが、毎ターンこれを連発してます。

「ふしぎなタンバリン」効果を受け、「すてみ」を使ったゴドハンが攻撃すると、このくらいのダメージになることもあります。

これはさすがになかなか出ないですが、30,000近いダメージは結構な頻度で出せました。

あとは回復量も結構アップするので、すごい助かりました。

「聖女のこん」での回復量

これでも危ない時は「ふしぎなタンバリン」を使わず、「ハッスルダンス」で回復する作戦です。

ちなみに大神官を二人とも舞道にしてるのは、「鼓舞激励」の発動確率を上げるためです。

だってなんもしてないのに、勝手に能力上がれば…。

ミクジン
ミクジン

長期戦になっても助かるから

そんなわけで、次は各職業の詳細を紹介します。

スポンサーリンク

各職業の詳細

ゴドハン(武道)

「ドラゴンソウル」の威力を上げるため、防具などはほぼデイン属性アップのものを採用。

それにしてもルビスシリーズ、会心率も上がるのがほんと優秀だなと思います。

こころもやはりデイン属性アップがメインですが、「きあいため」を使えるように欲望の魔神を付けてます。

ゴドハン(守護道)

守護道の場合も「ドラゴンソウル」の威力を上げるため、デイン属性アップをメインで考えた装備になってます。

こころもデイン属性アップを意識しつつ、「きあいため」を使えるようにアームライオンを装備しました。

大神官(舞道)

ほぼ「ふしぎなタンバリン」を叩きまくるこちらの方ですが、いざという時に「ハッスルダンス」を使うため、回復魔力や回復効果アップを上げる装備にしてます。

こころも同じく、回復魔力や回復効果アップを上げるようにしました。

また、HPもなるべく上げたいので、なるべくHPが高いこころを選んでます。

大神官(舞道)

回復専門の大神官には、HP回復と同時に混乱と魅了を治せる「聖女のこん」を装備。

ミクジン
ミクジン

ミストバーンが混乱やってくるんですよ、まじでなんなのあいつ

回復量はベホマラーを使える「聖風のつえ」に劣りますが、やはり混乱はキツイのでこうなりました。

こころも防具と同じく、回復魔力や回復効果アップ、HPを上げるようにしてみました。

そんなわけでパーティも整ったので、ミストバーンをボコボコにしたいと思います。

ミクジン
ミクジン

もう苦戦しないぞ

このページで利用している株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像の転載・配布は禁止いたします。
© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

合わせて読みたい

スポンサーリンク

眠っている古いゲーム機・ゲームソフト・周辺機器などもまとめて「宅配買取」!

大掃除のつもりが意外と高値が付くかも?

詳しくはこちら

ファミコン売るならレトログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)