【レビュー】『Ploom X』は吸い応えが超アップ!1本の満足感も向上【プルーム・エックス】

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

個人的にめちゃくちゃ楽しみにしていた『Ploom X』がついに手元に届いたので、さっそく使ってみた感想などを書いていきたいと思います。

ちなみに『Ploom X』の特徴については別記事で書いてるので、気になる方はそちらも合わせてご覧ください。

関連する記事

JTの新型加熱式たばこ用デバイス『Ploom X』の特徴【プルーム・エックス】
ミクジン
ミクジン

それではスタート!

『Ploom X』の簡単なスペックと同梱物

外箱と簡単なスペック

ミクジン
ミクジン

まずは外箱の写真簡単なスペックを載せておきます

外箱はこんな感じ

同梱物

ミクジン
ミクジン

同梱物はこんな感じでした

同梱物一覧
  • 『Ploom X』本体
  • USB Type-Cケーブル
  • クリーニングスティック
  • クリーニングクロス
  • 取扱説明書など
ミクジン
ミクジン

さりげなくクリーニングクロスが同梱されているのがニクイですね

『Ploom X』を使ってみた感想など

『Ploom X』はシンプルなデザインがいい

『Ploom X』本体正面
本体正面

実物を触ってみて、

ミクジン
ミクジン

シンプルなデザインがかっけえ

とまずは思いました。

正面にはフロントパネルが付いていますが、ボタンなどは見当たらず、ツルツルしてて心地良い手触りです。

『Ploom X』スライドカバー
本体上から(カバーを閉じた状態)
『Ploom X』スライドカバー
本体上から(カバーを開けた状態)

本体上にはたばこスティックを入れる場所があり、スライドカバーが付いてます。

掃除をする時は、ここからクリーニングスティックを入れてサササッと掃除することになります。

本体の左右には何も付いておらず、フロントパネル以外の部分は手触りがちょっと違くなってました。

ミクジン
ミクジン

サラサラというか何というか…

とにかく気持ちいい感じです

『Ploom X』後ろ側
本体うしろ

本体のうしろもploomのロゴのみ。

『Ploom X』下から見た図
本体下

本体下にはUSB Type-Cの端子がありました。

こんな感じで、加熱用にあるはずのボタンも見当たらず、本当にシンプルなデザインになってます。

ミクジン
ミクジン

正直かっけえです

じゃあボタン類はどこにあるのかというと…。

『Ploom X』フロントパネルを外した状態
フロントパネルを外した状態

フロントパネルを外した内部に、LED加熱用のボタンが配置されてます。

これのおかげで、シンプルなデザインが可能になっていたというわけですね。

しかもLEDもボタンも、フロントパネルを付けたままで確認と操作が可能になってます。

ミクジン
ミクジン

なんか…

かっけえです

ペンギン
ペンギン

かっけえしか言ってねえ

『Ploom X』の使い方はこんな感じ!ユーザーのことを考えた親切な機能が嬉しい

『Ploom X』スライドカバーを開けた状態
電源が入った状態

『Ploom X』はスライドカバーを開けると電源が入り、LEDでバッテリーの残り残量をお知らせ。

このLEDは加熱開始時の待ち時間や、残りの吸える時間もお知らせしてくれるようになっています。

『Ploom X』吸い方

たばこスティックを挿し、フロントパネルのLEDの下あたりを長押しするとデバイスがブルッと震え、加熱が始まります。

加熱待ち時間は約25秒。

吸える状態になると、再度デバイスの振動でお知らせしてくれます。

親切ポイント①

ちなみにスライドカバーを閉じた状態だと、長押ししても加熱が開始されない仕様になっているので、ポケットなんかに入れておく場合も安心です。

ミクジン
ミクジン

親切ですねこれ

『Ploom X』約5分間吸い放題

吸える状態になると、約5分間吸い放題となります。

残り時間が20秒になると、デバイスが振動しLEDがゆっくり点滅、再度振動すると終了の合図となります。

親切ポイント②

『Ploom X』

終了後にたばこスティックを抜き、スライドカバーを閉じるとバッテリー残量が表示された後、電源が切れます。

ミクジン
ミクジン

使い終わった後にさりげなくバッテリー残量を教えてくれるという親切が嬉しいです

親切ポイント③

『Ploom X』

残り時間がまだある状態でたばこスティックを取り出し、スライドカバーを閉じると、自動的にヒーターが停止して電源が切れます。

ミクジン
ミクジン

細かいかもですが、中断する時にボタン長押しなどの操作が必要ないのは嬉しいポイントです

『Ploom X』で吸ってみた感想。吸いごたえが超アップ!1本の満足感も向上

『Ploom X』用たばこスティック
  • メビウス・リッチ(レギュラー)
  • キャメル・スムース(レギュラー)

今回は上記の『Ploom X』用のたばこスティック2種を吸ってみたのですが…。

驚きポイント①

※画像はイメージです

まず驚いたのは、ひとくち目からガツンとキック感がきたことです。

『プルーム・エス2.0』の時は最初の2回くらいはちょっと薄い感じがしてましたが、『Ploom X』では最初からガツンと吸った感があります。

そしてそれが約5分間、最後の方まで続いたのにも驚きました。

ミクジン
ミクジン

めちゃくちゃ吸いごたえがアップしてまっせこれ

ただ、アホみたいに吸いまくると若干、最後の方に弱くなる感じもしたし、ニオイに関してはこれまでよりも加熱式特有のニオイは強めという印象でした。

それでもこの安定感と吸いごたえは『プルーム・エス』とは比べ物にならないと思います。

ミクジン
ミクジン

ちなみに今回吸った中では特にメビウス・リッチがすごく濃くて好きです

驚きポイント②

『Ploom X』のたばこスティックを『プルーム・エス2.0』で吸ってみる
メビウス・リッチを『プルーム・エス2.0』で

『Ploom X』用のたばこスティックは『プルーム・エス2.0』でも吸えるので、試しにメビウス・リッチを『プルーム・エス2.0』で吸ってみました。

すると…。

ミクジン
ミクジン

全然ちげえ!

同じたばこスティックなのに、『Ploom X』の方が明らかに吸いごたえがあって驚きました。

驚きポイント③

『プルーム・エス2.0』と比べてみると、『Ploom X』の約5分間吸い放題という仕様はとても素晴らしいバージョンアップだなと思いました。

『Ploom X』では『プルーム・エス2.0』のように、残り時間に関わらず14回吸ったら終了という縛りがなく、使用可能時間も長いので、ゆっくりと楽しむことができます。

これに加え、『Ploom X』は吸いごたえがめちゃくちゃ向上してるので、たばこスティック1本での満足感がすごいです。

ミクジン
ミクジン

『プルーム・エス2.0』の時は1本吸ってもなんか物足りなくて、連続で吸ったりしてましたが…

1本の満足感がすごいということは、連続で吸う機会も減るってことなので、結果、『プルーム・エス2.0』を使ってた頃よりもたばこ代が減るということになります。

個人的にたばこ1本での満足感は超重要だと思ってるし、たばこ代も減りそうだし、これはデカいなぁと思いました。

まとめ

『Ploom X』吸いごたえがほぼ最後まで継続し、たばこスティック1本の満足感がすごいとても良い商品だなと思いました。

オレはグローもアイコスも持ってますが、高温加熱式では『Ploom X』がダントツで一番になりました。

これまで『プルーム・エス2.0』を使っていた人や、その他の高温加熱式たばこを吸っている人には、間違いなくオススメだと思います。

ミクジン
ミクジン

ぜひ試してみてはいかがでしょうか

プルームテックシリーズは『JT公式Ploom楽天市場店』で買うとお得!

楽天市場にはJT公式ショップがあります。

公式なので安心なうえ、ここでデバイスやアクセサリを買うと楽天ポイントが付くのでお得な雰囲気満載です。

たまにポイント20倍キャンペーンなどのお得なイベントもやってるので…

ミクジン
ミクジン

ちょくちょくのぞいてみるといい買い物ができるかもしれませんぞ!

楽天市場のJT公式ページはこちら JT公式Ploom楽天市場店

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。