YouTube始めました!詳細はこちら

『残業や休日出勤ができない』ことを批判するリーダーがバカだと思う理由

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

働いていくうえで、時には残業や休日出勤をしなきゃならないことがあります。

これはたぶん、誰でも経験したことがあると思います。

うちの会社のオレがいる部署でも、コロナの影響でここ数ヶ月ずっと忙しく、毎日残業(少なくとも3時間以上)が発生し、休日出勤も毎週のように発生していました。

現場で働いている99%の人は非正規の人たちで、オレもその中のひとりです。

このクソ暑い中、毎日毎日マスクをして汗をたらしながら長時間の身体を使う仕事を必死にこなしているけど、中には体力的についていけずに休む人もいます。

非正規ゆえ主婦の人も多いので、残業できない人、休日出勤ができない人だってたくさんいる。

そんなある日、現場のリーダー(社員)が朝礼でこんなことを言いました。

「うちの部署では残業や休日出勤ができない人が多くて人手が足りず、毎日他部署から応援を呼んで迷惑をかけている状態です。他部署の方がうちの仕事で残業して、うちの部署の人たちが先に帰るっておかしくないですか?よく考えてください」

オレはそれを聞いて思いました。

ミクジン
ミクジン

ああそうか、バカなのですね?

バカだと思う理由

なんでバカだと思うのかを初めに言っておきます。

最初にも言った通り、現場で働いている人たちは99%が非正規の人たち。

正確に言うと正社員はリーダーのみで、それ以外は(オレを含め)バイトやパートみたいなもんです。

非正規の中には正社員になりたくて必死で働いている人もいるけど、主婦ゆえに早く帰らなきゃならない人、自分の必要な分だけ稼げればいい人、ダブルワークをしている人など、それぞれの理由や事情があって、あえて非正規を選んでいる人もいます。

なので簡単に言っちゃうと、ほとんどの人は残業や休日出勤なんぞする理由も必要もない、もしくはやりたくてもできない人たちなんです。

オレも残業などはまったくやる必要がないので、面接の時に、

「残業は毎日1時間くらいありますけど大丈夫ですか?」

と聞かれた時にこう答えました。

「履歴書に書いた通り、残業も休日出勤もほぼできないです。それが無理ならやめておきます」

これで採用されてるので、残業なんかこれっぽっちもする気がないし、実際にしてません。

なので本当は残業や休日出勤をするかしないかは、なんというかスタッフたちの『親切心』の問題。

お願いされるならまだ分かりますが、「残業しないのおかしくないですか?」と言われる筋合いはどこにもない。

ましてや偉そうに「お前らが他部署に迷惑をかけてる」とか言う意味がまったく分かりません。

おかしいと言うのなら、そもそもスタッフを採用する時に、『残業と休日出勤を山ほどできる人』で募集していなかったのがおかしかったというだけの話。

つまり、

「他部署に迷惑をかけてんのは、採用する時にどんな人材が欲しいのかも分からず、適当に雇っちゃった君たち社員だよ?」

っつー話なんですよ。

自分らのしょうもない失敗に気付けもしないくせに、何を偉そうにおっきい声で恥ずかしいこと言い出して無能をさらけ出しちゃってんの?

そんなだからたくさん残業が発生しちゃうんじゃないの?

ミクジン
ミクジン

ああそうか、バカなのですね?

というわけです。

朝礼後のスタッフの反応

あの朝礼があった日以来、バカなこと言ってんなぁと思いながら、オレは容赦なく定時で帰っていました。

他のスタッフたちはというと、文句を言いながら仕方なく残業する人もいたけど、あの朝礼からたった2週間で6人が辞めていきました。

辞めた人の何人かに話を聞いたのですが、みんなだいたい同じようなことを言ってました。

「残業を強要されるなんて納得いかないから辞める。ここより時給安いところないから他はすぐに見つかるしね」

それを聞いて「あぁやっぱりそうなるよなぁ」と思いました。

非正規で働いてる我々は有期雇用なので、3ヶ月〜半年でやってくる契約期間の終わりがくれば、いつ会社に切られてもおかしくない存在です。

簡単に言っちゃえば、どんだけ気を使って無理して残業や休日出勤をこなしても、いらなくなればポイされる存在。

これでおまけに時給が最低賃金ギリギリとくれば、気に入らないことがあったらすぐ辞めて当たり前ってなもんです。

だって代わりの会社は腐るほどあるから。

こうなることはなんとなく予想してましたが、2週間で6人は予想外でした。

おかげでさらに人手が足りなくなり、さらに忙しい毎日になりました。

リーダーがあんなことを言ったせいで、言う前よりも人手が足りないという謎の状況のできあがりです。

リーダー役目

辞めた人の穴を埋めるため、リーダーは文字通り寝る間も惜しんでスタッフと同じ仕事をして、毎日死んだような顔をしてます。

でもそれは自分で選んで、自分で作ってしまった状況なので、言ってしまえば自業自得。

「うちの部署では残業や休日出勤ができない人が多くて人手が足りず、毎日他部署から応援を呼んで迷惑をかけている状態です。他部署の方がうちの仕事で残業して、うちの部署の人たちが先に帰るっておかしくないですか?よく考えてください」

これは要するに、

「みんな早く帰りたいのにお前らずるいぞ」

と言ってるようなもんです。

それぞれの事情があるのに、こんなわけの分からない批判じゃ誰も動いてくれるわけがない。

仕方なく動いたとしても、やりたくてやってるわけじゃないのでいつかは離れていく。

それはきっと、正社員でも非正規でも同じだと思います。

たぶん人が働くのは、『自分がやりたいことのために、自分でやろうと決めたことだから』です。

決して「誰かに批判されないために」とか、「会社に逆らえないから」とかいうわけの分からん理由で働いてるわけじゃない。

それを分かってないからすぐに人が辞める。

辞めた人の中には、やる必要もないのに気を使ってたまに残業してくれてた人もいたんです。

これに感謝するなら分かるけど、批判なんかしたらやる気がなくなって当たり前。

リーダーの役目はスタッフのやる気を削ぐことじゃありません。

『自分からやろうという気持ちにさせて、気持ちよくやってもらえるようにする』のがリーダーの役目だと思います。

正社員で雇えない、給料も高くできないなら、せめてそこを大事にしないと働いてもらえるわけがない。

批判をしてみたり、穴を埋めるためにみんなと同じ仕事をやってる場合じゃねーんだよ。

この業種はどの会社も人手不足が騒がれてるけど、こんなリーダーが多いのかなぁと思った出来事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。