YouTube『ミクジログ』の更新情報はこちら

生きるのがつらい時に「前を向いていこう」なんて思わなくていい

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

精神的にしんどい時、こんな言葉を聞くことがあります。

「前を向いていこう」

言ってくれる人はきっと励ましのつもりで言うんだと思うし、時には自分で自分を奮い立たせるために言うこともあると思う。

過去のことは過去のことと割りきって前を向いていけるなら、それは素晴らしいことです。

どんなに願っても過去には戻れないし、時間は止まらずに勝手にどんどん進んでいくから、自分も前に進んで行くしかない。

本当に大事なのは過去じゃなくて『今』だと思うし、考えるべきは『今の自分はどうしたいのか』だとも思う。

だから「前を向いていこう」と言って本当に前を向けるなら良いことだと思う。

でも頭では分かっていても、実際にはなかなか前を向けないことがある。

オレにもそんな状態の時がありました。

誰かに「前を向いていこう」なんて励まされても、そんな気持ちにはなれない状態。

そんな時は無理やり「前を向いていこう」なんてことは考えなくていいと思う。

見たくなければ見れない

オレも他の人と同じようにそれなりに歳を取って、それなりにつらい過去があります。

その過去のせいで、未来なんか考えられないこれからどうしたいのか分からない希望なんてものは何もない、という状態になってたことがありました。

それはすべてを失ったから。

やりたかったことはもうできないから。

ただ何もない空っぽの状態。

そんな時に「前を向いていこう」と言ってくれた人がいたけど、結局その言葉では前を向くことはできなかった。

たぶんそれは、完全に何もない状態で前だけ向いて、一体何をすればいいの分からなかったからだと思います。

何もないところを見ても、そこにはやはりなんにもないんです。

それはまるで、自分さえ見えない暗闇の中にいるような感覚です。

前どころかどこを見ても何も見えず、この場にいた方が安全だと思うような状態。

もし前を向いていけるとすれば、それはきっとほんの少しでも光がさして、周りが見えるようになった時だと思います。

今自分はこんな場所にいたのか。

暗闇だから動けずにいたけど、オレはずっとここにいたいのか?

周りさえ見えればそんなふうに自然に考えるはずだし、進みたければ、誰に言われることもなく前に進むはずだと思います。

そして気が付けば「やりたいこと」「できること」「生きる目的」みたいなものが勝手にできていく。

オレも知らないうちにそれができていて、気が付いたら自然に前を向いていました。

誰かに言われたからとか、そうしなきゃいけないからとかじゃなく、自分で進もうと思ったから、自然に前を向いていたんじゃないかと思います。

無理やり前を見ようとしても、見る理由がなかったり、自分が見たいと思わなければそこには暗闇しかありません。

暗闇では動けないから、何も見えないうちは無理に動かなくたっていいんです。

そのうち勝手に、夜は明けていきます。

「前を向いていこう」なんて思わなくていい

それでも無理やり「前を向いていかなきゃ」と思っていると、だんだん変な焦りが出てきたり自己嫌悪になってきたりします。

「いつまで自分はこんななんだ」

「どうして普通にできないんだ」

「ちゃんとしなきゃ、ちゃんとしなきゃ」

だけどそう思ったところで前向きな気持ちにはなれず、そうしているうちに、こんなことを思い始めてしまいます。

「自分はだめ人間」

「生きている意味も価値もない」

オレは一時期こんな状態までいってしまい、最終的には生きることをやめようとしました。

これは「何もなくなって前を向けなくなった」原因は他にあるのに、気が付けばなぜか自分を責めている、という謎の状態です。

今思えばわけが分からない。

もしかしたら「前を向いていかなきゃ」という言葉に縛られ、それができない自分を責めていたのかもしれません。

「今は前を向けない」っていうのが本当の自分なのに、それを抑え付けようとしても、自分にだけは嘘を付けないから苦しむことになる。

無理なもんは無理なんです。

だから本当は「前を向いていこう」なんて思わなくていい。

そうやってがんばる必要はないんです。

そのうち「気が付いたら前を向いてた」ってなってれば、それでいいんじゃないかと思います。

心もケガをする

どうがんばっても前なんて向けない。

そう思ってしまうのはたぶん、心がケガをしてるからだと思います。

身体のケガと違って目には見えないから、気付かないだけなのかもしれない。

ケガが重症なら、治るまで安静にしてなきゃいけないのは身体も心も同じことです。

がんばってどうにかなることじゃない。

むしろ今までがんばったから、がんばりすぎたから、ケガをしてしまったんじゃないのかな。

ストレスの多い社会だけど、心のケガはなかなか理解されにくい。

そもそも自分でケガしてることに気付いてない場合もある。

ケガを治さずに更にケガを増やして、痛みに耐えかねて自ら命を断つ人が多い気がします。

オレも実際、危ないところまでいきました。

そんなことにならないよう、心のケガもしっかり治さなきゃいけないんだと思う。

だから無理しなくたっていいんだよ。

今までどれだけがんばってきたのか、どれだけ耐えてきたのか、一番知っているのは他でもない、自分なんだから。

誰になんて言われたっていい。

今は前を向けなくたって、動けなくたって、なんならグウタラしてたっていいんだ。

少し休憩が必要なだけなんだよ。

大丈夫、そのうち気が付けば自然に前を向いてる。

そしてその時にはもう笑ってるよ。

ミクジン
ミクジン

そんときゃ一緒に笑おうぜ!

合わせて読みたい

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。