生きるのがつらい時に「前を向いていこう」なんて思わなくていい

この記事には広告を含む場合があります。記事内で紹介する商品を購入することで、当サイトに売り上げの一部が還元されることがあります。

ミクジン
ミクジン

寝ぐせの王様、ミクジンです

精神的にしんどい時、こんな言葉を聞くことがあります。

「前を向いていこう」

言ってくれる人はきっと励ましのつもりで言うんだと思うし、時には、自分で自分を奮い立たせるために言うこともあると思う。

確かに、辛い過去を「過去のこと」と割りきって、まっすぐ前を向いていけるなら、それは素晴らしいことです。

だってどんなに願おうと過去には戻れないし、時間だって止めることはできないから。

この世ってのはわりと残酷で、たとえ前を向けずにうつむいてるやつがいても、巻き込んで勝手にガンガン進んでいきます。

進みたい、進みたくないは関係なく、ただひたすらに前へ前へと進む。

そんなこの世では「せめて」前を向いてないと行き先も分からないし、素晴らしい景色があったとしても、見てないうちに通り過ぎていってしまう。

普通に生きていくにも、人生ってやつを楽しむためにも、前を向いていることが必須な気さえします。

だから「前を向いていこう」と言って、本当に前を向けるなら、それは素晴らしいことだと思います。

でも頭では分かっていても、過去のオレはまったく前を向けませんでした。

誰かに「前を向いていこう」なんて励まされても、気持ちが動くことはなかった。

あの時はほんとに、励ましてくれた人に申し訳ないと思ったし、前を向けない自分が情けなくて仕方なかった。

だけど…今はこう思います。

無理やり「前を向いていこう」なんて、思わなくてよかったんだと。

スポンサーリンク

自分さえ見えない暗闇の中

オレも他の人と同じように、それなりに歳を取って、それなりにつらい過去があります。

その過去のせいで、

未来なんか考えられない

これからどうしたいのか分からない

希望なんてものは何もない

という状態になってたことがありました。

過去の話

それはすべてを失ったから。

やりたかったことはもうできないから。

ただ何もない空っぽの状態。

そんな時に「前を向いていこう」と言ってくれた人がいたけど、結局その言葉では前を向くことはできなかった。

たぶんそれは、

完全に何もない状態で前だけ向いて、一体何をすればいいの分からなかったから

だと思います。

何もないところを見ても、そこにはやはり何もありません。

それはまるで、自分さえ見えない暗闇の中にいるような感覚です。

そんな中で「前を向いていこう」と言われても、どっちが前なのかすら分からない。

だから前を向くためには、少しでも光が差し込み、「まず周りが見えることが必要」なんだと思います。

周りさえ見えれば、

今自分はこんな場所にいたのか。

一体ここはどこなんだろう?

どこへ向かってるんだろう?

そんなふうに自然に考えるはずだし、変な方向に向かってるなら、誰に言われることもなく進路を変更すると思います。

そうしてるうちに「行きたい場所」や「やりたいこと」、「生きる目的」みたいなものが勝手にできていく。

オレも知らないうちにそれができていて、気が付いたら自然に前を向いていました。

「誰かに前を向けと言われたから」とか、「前を向かなきゃいけないと思った」とかじゃないんです。

ただ周りが見えるようになったから、自然に前を向いていたんだと思います。

励ましてくれた人には申し訳ないけど、「前を向いていこう」と言ってくれた時、たぶんオレはもう、何も見たくなくなっていました。

だってもう何もなかったから。

見るものもなく、見たいとも思わなければ、そこには暗闇しかありません。

暗闇で無理やり前を向いたって、何にも見えるはずがないんです。

スポンサーリンク

「前を向いていこう」なんて思わなくていい

それでも無理やり「前を向いていかなきゃ」と思っていると、だんだん謎の焦りが出たり、自己嫌悪になってきたりします。

「いつまで自分はこんななんだ」

「どうして普通にできないんだ」

「ちゃんとしなきゃ、ちゃんとしなきゃ」

だけどそう思ったところで前向きな気持ちにはなれず、そうしているうちに、こんなことを思い始めてしまいます。

「自分はだめ人間」

「生きている意味も価値もない」

オレは一時期こんな状態までいってしまい、最終的には生きることをやめようとしました。

でもこれって今考えると、かなりおかしな状態だと思います。

だって違うことで落ちてたはずなのに、なぜか「前を向けない自分というマイナス」を自ら上乗せしたあげく、

その上乗せが原因で、「生きる価値がねえ」とか言い出してるんだから。

この人が最初に落ちた原因は一体なんだったのか、本人ですら、もう分からなくなってんじゃないのこれ…って思います。

もしかしたら当時は、

「前を向いていかなきゃ」

という言葉に縛られ、それができない自分を責めていたのかもしれません。

でも本当は、責める必要なんかこれっぽっちもなかったんです。

だって「今は前を向けない」っていうのが、本当の自分なんだから。

心の奥で叫んでいるこれはもう本能みたいなものだから、責めたって仕方ないんです。

分かりやすく言うと、

ウンコを食べられない自分」を責めたって仕方ない。

っていうことと同じです。

絶対食うの無理だよあんなの…。

とか言いながら、「ウンコを食べられない自分」と、ただ上手く付き合っていけばいいだけなんです。

ウンコ食えないのは本来、別にマイナスなことでもなんでもないから。

(例えが合ってるか心配)

そうしないと、元々あったマイナスに、関係のないマイナスを重ねて、よけいに苦しくなっていくだけです。

全然関係ねえウンコのせいで「生きる価値がない」なんて、本当におかしな状態だったなと思います。

ハッキリ言います。

無理なもんは無理なんです。

ウンコなんか食えるか。

だから本当は「前を向いていこう」なんて思わなくていい。

すでに暗闇の中でがんばって耐えているのに、さらにがんばる必要なんかないんです。

「今は前を向けない」っていう自分を受け入れて、ただ休ませてあげればいい。

そうしてるうちにきっと、

「いつの間にか前を向いてた」

っていう自分に、気付く日がくるから。

スポンサーリンク

心もケガをする

どうがんばっても前なんて向けない。

そう思ってしまうのはたぶん、心がケガをしてるからだと思います。

身体のケガと違って目には見えないから、気付かないだけなのかもしれません。

ケガが重症なら、治るまで安静にしてなきゃいけないのは、身体も心も同じことです。

がんばってどうにかなることじゃない。

むしろ今までがんばったから、がんばりすぎたから、ケガをしたんじゃないのかな。

ストレスの多い社会だけど、心のケガはなかなか理解されにくいです。

そもそも、自分でケガしてることに気付いてない場合もある。

ケガを治さずに更にケガを増やして、痛みに耐えかねて自ら命を断つ人が多い気がします。

本能が教えてくれてたのに…。

オレも実際、危ないところまでいきました。

そんなことにならないよう、心のケガもしっかり治さなきゃいけないんだと思う。

だから無理しなくたっていいんだ。

今までどれだけがんばってきたのか、どれだけ耐えてきたのか、一番知っているのは他でもない、自分なんだから。

誰になんて言われたっていい。

今は前を向けなくたって、動けなくたって、なんならグウタラしてたっていいんだ。

少し休憩が必要なだけなんだよ。

最初に「世の中は残酷だ」とか言ったけどさ、勝手に進んでるうちに、実は勝手に暗闇も晴れていくんだ。

ケガだって勝手に治っていく。

だから大丈夫。

安心して休憩していいんだ。

まったくよ。

誰がこの「勝手に進むシステム」を作ったのか知らないけど、また暗闇ゾーンがきやがったら、逆に利用してやろうと思ってんだ。

どうせそのうち晴れるんだから、のび太並みに爆睡して休んでやるよ。

ただじゃ落ちてやらねえ。

せっかく生まれてきたんだもの、全部利用して楽しんでやっかんなこのボケナスが!!

ウンコはてめえが食え!!

ふはははははははははは!!

ミクジン
ミクジン

完全にやべえ人じゃんオレ…

合わせて読みたい

スポンサーリンク

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

※コメントは日本語で入力してください(スパム対策です)